SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

中田ジャパン決勝へは1秒の差というかんじで残念であったが、やってくれそうなチームになりそうですね。♪




長澤まさみちゃん、アンダーアーマーのイメージモデル・キャラクター。かっこいい~♪

Woman 第8話 感想

「あの子を殺して私も死ねばいいの?」

ただただ涙な場面がいっぱいだった。
母親と母親とのブツカリでもあり、母と娘のブツカリでもあったと思うけど、複雑な感情があったようなけっこう、難しい場面だったようなそんな今回でもあったなぁ~。
(1回見ただけでは、とても整理できないけど、紗千と栞への見解が分かれるようにも思う・・一回だけ見た感想です。)

栞(二階堂ふみ)と小春(満島ひかり)の事は、あの衝突で一応、幕が閉じたけど、後は母親紗千(田中裕子)の必至な愛情で押し通されたら、何も言うことがなくなるのもわかる。
あれだけ小春を否定していたのに、次第に素直になりつつあって、ケーキも買って帰るほどになってきた紗千だったことからも、自分がどう見えようとなりふり構わない、娘の小春を思う母親としての気持をあれほど見せつけられたら、
何もいえないに決まっている。

栞についての見解

ただ栞は自分のしたことがわかっていることは間違いないし、不運な事故と納得していなければ、とてもではないけど、
押しつぶされるのも事実だと思うから、今は夢の中というか、自分の中でそんな悪い事をしたのではないと、折り合いをつけているってかんじにも見えるので、
あんな風に友達に言ったりして、何もなかったっという軽い言葉になってでるのだろうなぁ~と思う。
そうでしかどうしても理解できない栞の言動。
はたして抱えきれない思いがまだ眠っているのかどうかは、ハッキリとはわからないわけだけど・・
あの事件のことは、まだ栞の自分の中では終わっていない気もしてくるんですよね。
淡々としている栞に感じられる不気味さ怖さに、、そのようなものがまだ残っている証なようにも思える。

小春も素直になり・・

今回、小春は自分の病のことと素直に紗千に言うことを決心したけど、(紗千は小春を受け入れてくれたと思うし・・)
運悪く、栞がいなくなってしまった悲しいみでいっぱいな紗千に言っても・・・これはこれで大変な場面だったし、
次第に、小春の子供たちを育てなけらばならない母親としての思いをぶつけるだけで、
どちらも母親なのだっという、子を思う気持ちには変わりはないという・・親でもある小春を受け入れ、
娘でもある小春を抱きしめる紗千の場面は、なんとも言いようがない場面でした。
言葉にしていい表すのが1回見ただけでは、ちょっと複雑すぎると思うけど、母と娘が初めてお互いを認めあう場面だったように思いますね。


そして、小春の病気の事を知ってしまった紗千の思いっときたら、、やはり切ないなぁ~。ほんと切ないばかり。
そして、伏線いっぱいなところは多分、再婚相手なのだろうな~てかんじがしてきた。

今回お祭りと子供たちの浴衣姿が生き生き描かれていたことが、救いでもあったけど、お祭りでちょっと栞が息子の陸(髙橋 來)になんて言ってたのか気になるところでもあったなぁ~(伏線?)

Woman 第1話 感想
Woman 第2話 感想
Woman 第3話 感想
Woman 第4話 感想
Woman 第5話 感想
Woman 第6話 感想
Woman 第7話 感想

TOP