Spring Star★

ドラマの感想を書いてます。

★ちょっと中田ジャパンのことがやってたわけだけど・・そこで世界バレー女子14名を予想。リベロ2人は誰でもいいけど、セッター富永、佐藤さんで、荒木、長岡は健在だろうし、あとの8人はやはり黒後、石井、新鍋、古賀、 鍋谷、奥村、岩坂、島村とほぼ決まり切ってる感があるのが困りもの?
あ、これアジア競技大会とほぼ同じメンバーだけど、古賀でなくて野本になってるけど、まぁ、世界バレーもこんなかんじなんでしょうか♪
<テレビもろくに観てなくてもほぼ予想どうり。w>

スターマン・この星の恋 4話 感想

光一(安田顕)との別れによってもたらされた佐和子(広末涼子)と星男(福士蒼汰)エピソード。
翌朝、佐和子(広末涼子)の雰囲気だけで即みやぶる須多節(小池栄子)という、まるわかりな幸せ感。
その幸せそうな雰囲気に呑み込まれた須多節が、、出会った相手をそうかっと、
一瞬ひらめいてから、、我に返るあたり・・・は、手ごろなところで手をうとうとしてしまう思いをちらっと
見れて面白かったけど、いろいろと、このドラマでもなんだかいい味を出してるなぁ~と再確認。(笑)

それにしても、後ろに富士山がどか~んと綺麗だったし、佐和子の朝の顔も幸せそのもの。
ホームドラマか~、恋愛ドラマか~っと突っ込むあの朝はなんとも微笑ましいかった。

このゆったり感はどこかでみたような気もするけど、ちょうど星男な不思議さってことでも、
クーナ探しのドラマに似ていて、ついついやられてしまうドラマなんですよね~
いったい誰・・調べると、、、クーナかと思ったけど、「最後から二番目の恋」の脚本家さんでもあったわけか・・♪

それにしてもあの機関銃トークを書いた人とは思えないゆったりさではあるけど、似ているのは、
不思議なキャラクターを作り出すところや、人生はファンキーな方がいい?ってな、人生哲学を持ってくるような面
がやはりちらほら見受けられるのがいいし、どこかぶっ飛んでるのがいいなぁ~と思う。(笑)

佐和子が星男を勝手に亭主にしってしまうあたりとか・・・。
それでいてゆった~りできるホームがあるのも、魅力なんのだなぁ~と。

って思うけど、何あの予告???目の錯覚?
えらいことに、架純ちゃんがなってる~!!みたいだった。

祥子(有村架純)はいったいどうなってしまうのだろう?。(笑)

スターマン・この星の恋 第1,2話 感想
スターマン・この星の恋 第3話 感想

TOP