Spring Star★

気ままなドラマ感想

半沢直樹 第1話 感想

「やられたら倍返し!悪い上司に立ち向かうニューヒーロー誕生!!5億を取り戻せるか?社宅での妻たちの戦い出世か?友情か?」

単に人情劇と敵打ちな話では、弱い気もするドラマ。(感想書き辛い・・。)

もっとコミカルなものかと思っていたら、ぜんぜん違っていたけど、
気になる俳優さんもいなかったし、面白いのかどうかもよくわからないドラマってかんじで、ん~~「東芝日曜劇場」

の過去のドラマを見てみても、けっこうこの時間は、
大型ドラマが多いイメージがあって、そのほとんどがどうも私的にあっていなかったけど、
やはりこのドラマもそんな雰囲気がぷんぷんするドラマてとこで、さらに・・どうなのかなぁ~てな社宅なシーン???。


まぁ~シリアスなドラマなので、演技と内容で魅せるドラマであるのだろうけど。
この一話のタイトルからして、社宅なエピソードがいるのかどうか困惑してしまう内容。
このへんの違和感ばしばしだし、重いドラマなのに、
ゴリ押しさとシリアスの間で描かれるエヘヘ~ってなのは、イラっとするというより、全くの違和感すぎる・・・。
(どっちかというとやはり、この手のドラマは苦手。)

ドラマの内容について☆
国民的な大物な俳優さんがバックにいるというドラマ特有のニオイがあるけれど、
この時間帯の同じようなドラマはあったようにかんじるけど、堺さんが主人公でなかったら、感想まで書いていないドラマだったなぁ~。

だいたいラスボスな相手はわかってきたけど、人情をモットーにしている頭取でもないし、
半沢直樹(堺 雅人)の父親の敵打ちドラマってところでいいのだろう。
ここでもたもたしている場合ではないという半沢の言うところの意味もそのことだろうし、
銀行員の部下と上司のなんともいえない理不尽さを通り越した場面の多いことにはイライラが爆発してくるし、
半沢大丈夫か~と、応援はしてしまうドラマにはなっているだけど、社宅、半沢ピンチ!って場面は、いらっとするばかりで、
だいぶ我慢する場面は多かった。(笑)

不条理さと向き合っていくドラマってことで、我慢しつつ見ていこうかって少し思うようになっているけど、
見応えは認めるとしても・・どうなのかまだわからない。
・・まぁ2時間だったのもあるけど、かなりしんどかった。

このドラマ、やはりいい意味でも悪い意味でも、話題になってくるとは思えないなぁっと。
単に都合よく動き回るやからと敵打ちな話では、弱い気もするドラマ。
逆なでされっぱなしでした。
同期の桜との連携さも、どこかいらいらばかりで、スピード感もないので、まぁ~様子見続行ってとこか・・。
面白味がシンドイ部分になっているドラマなので、こっちがストレスになってきて、日曜日で明日の活力源にとてもなりそうにないんだけど・・。

TOP