SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

眠れる森の熟女 第2話(感想)

「あなたと私が思い描いてたもの」

あ、登場人物の紹介のところを読んでいたら、相沢浩史(羽場裕一)のこれからがわかってしまう浮気相手の森山春子(森口瑤子)だったけど、、人物紹介は見ない方がいいんだ。。と後悔。
(だいたい想像していたかんじではあったけど、やっぱりっていうかんじが強いのは残念。)

王子こと高岡祐輔(瀬戸康史)の裏表や、義理の母親、高岡玲子(横山めぐみ)といった家事情、そして高岡の婚約者、七尾麻美(朝倉あき)とのあれこれも、よくある設定なかんじがして、あまり興味が湧いてこないのも、、ちょっとというかんじ。

どうも相沢夫婦のやりとりを聞いていると、軽いように思うけれど、シラバってわけでもなく、なんか実感がわかない離婚劇のようで、、そこらへんもなんだかなぁ~。。というかんじが強いし、王子と千波(草刈民代)のやり取りも、それほどどうってこともないみたいで、、ややなんとなく観ているというかんじが強いかも。。。

それよりも、前面に出ていないけれど、王子の教育係の杉浦はじめ(山本圭)との本音トークが面白いなぁ~というか、杉浦には本音を出せるというところがくすぐられる要素になっているのがいいし、千波と関わる羽目になってからの王子の様子もくすぐられるみたいで、どうこれから話しが進むのか、興味が持てるかんじもする。

まぁ~とにかく、わけあり風なドラマにしたいというかんじは飽きているというか目が慣れてしまったせいか、ちょっとそのへんが問題なようにも思うところでした。

TOP