読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

トッカン 特別国税徴収官 第9話(感想)

「恋心抱いたイケメン弁護士が最強の敵になるなんて!」

応援している南部千紗(木南晴夏)がやはりいいかんじで、つぼる。
(二人組みになってしまったことが少々ではあるけれど。。)

今回のお話もなんだか、よくある話しだったみたいでやや、引いてしまう話だったけど、そのまま受け取っていいんでしょうかね。
だとすると、ベタベタナ話であったと思うし、弁護士が絡んだだけという話というかんじで、
あの鏡トッカン(北村有起哉)と食堂唐川の亭主とのちょっとわけあり風なやりとりが引っかかってしまって、トッカンがお土産を買って来たエピソードと関係しているように思うわけなのに、、すっきりしない展開でした。
鏡トッカンは何しにいったんだろう。。


弁護士の正義の味方になりたいという話も、、厚みが感じられないようで、次回もさらに引っ張るということでもやや引いてしまうところ。

あまり、今回の話は面白みをかんじられなかったみたいで、単に正義の味方な弁護士が絡んだだけというか、、2話にまたがる意味があるんでしょうかってかんじです。