SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

U-20女子サッカーワールドカップ3位決定戦

★日テレ、フジテレビのドラマのホームページで放送後一週間無料視聴できます♪

U-20(20歳以下)女子ワールドカップ(W杯)、
東京・国立競技場での3位決定戦(ナイジェリア)は、2-1で勝って初めての銅メダルを獲得。


なんとなく五輪銀メダルのなでしこの勢いをそのまま維持して盛り上がっているようで、大成功っというかんじを受けるけれど、技術力もみていてなでしこジャパンとそれほど大差ないように見えるU-20の面々たち。。。
あながち気のせいとも思えないくらいな技術力をかんじる。

今日の3位決定戦の試合内容なんて、男子並なつぶされる選手が痛々しかったくらいナイジェリアの必死さとも取れる追い上げで、
どうにもならなければ相手を潰すしかないナイジャリアはどうもサッカーの質としては、ヤングなでしこの方がやはり上だと思うけど、なでしこらしい戦いぶりを保持していることもなんともいいかんじで。
「なでしこ。」という言葉を意識しているとも言える戦いぶりが、こうも盛り上がる今日この頃を築いているんだろうなぁ~と思えるばかり。

あれほどのペナルティーギリギリな様子は、五輪の試合でも見たことないくらいで、前半ほんと田中陽子(INAC神戸)選手がけっこう激しいタックルを受けていたし、前半の終わり近くに投入された私的に一番お気に入りの可愛らしい柴田華絵選手(好感度100%ですが。。)のドリブル突破を阻止しようと、何度も何度も倒される様子には。。。(PKをとってもおかしくもないくらいだったのでは。)
そういうわけで、試合内容としては、綺麗な試合ではなかったけど、疲れる疲れる試合内容でもありました。

やっぱ、ドイツは技術力と戦術でピカイチだと思うけど、ドイツの王道な戦いぶりに男子のサッカーを見ているようなかんじだったし、見応えがあったなぁ~。。
ドイツの戦いぶりは、こういうかんじなのか五輪チームでもそうなのかわからないけれど、、このチームはもう、出来上がってましたね。
日本の負けは仕方ないと思うけれど、歯が立たなかったのも無理もないかんじでした。
川澄選手や、澤選手のいるINAC神戸に所属する田中陽子選手の弾丸シュートも観れたし、柴田華絵選手の絡む後半追加点もみれたこともよかったし、銅メダルが取れたことは何よりでした。
あ、そうそう学級委員長のようなしっかり、可愛らしいあの選手も、とても撫子らしくて好きです。
決勝戦(ドイツVSアメリカ)は、AM3時頃TVでやるけれど、やはり、観ようかなぁ~。

TOP