読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

ボーイズ・オン・ザ・ラン 最終回(感想)

「涙のラストラン!!俺たちは家族だーッ」

このドラマはどうも少しひねくれているところがあるように思うけれど、ちはる(南明奈)、青山(斎藤工)をみても一筋縄ではいかない人物像を描いていて翻弄されたと思うし、ひねくれているというかシブトイというところとしては、やはり、源(REDRICE)や、シューマイ父と龍(上田竜也)というかんじで、さらに青山もしぶとかった。まぁ、ちはるもシブトイといえばシブトさをかんじるところ。。(笑)

そんなドラマの側面からしても、見ている方としてはなんとも疲れるというか、またかってかんじで思いやられるばかりだったけど、このドラマの哲学というかベースは、そんなところにあったんじゃないかと思うばかり。。。

言い換えると、ネッチコさということなんだろうかと思うけど、そう観てみると、みんなねちっこいかも。(笑)
田西(丸山隆平)にしてもそうだし、あれだけへこんでもまた起き上がるしぶとさを持っているし、執念意外の何ものでもなかった。
そして、花(平愛梨)ちゃんも、頑固で、嘘をつくとゆるさないというネチッコさがあったし、執念深さみたいなものもかんじられたけど、(これまた出てくる人ほどんどだけど。。)さらにシューマイに至っては、執念の塊みたいなかんじすらあったなぁ~。(笑)

そうみているとホットできる場面は、田西一雄(徳井優)田西正子(浅田美代子 )の田西の父と母の場面だったり、鈴木(陣内孝則)さんのところだけど、ホットできるところでもありましたね。

ある意味タフなドラマでもあったというかんじだけど、まさか田西が塀の中に入るとは、、理不尽過ぎて納得いかなかったけど、
あの面々が田西を訪問するところがおもしろかったので、よかったんじゃないかと納得。

しぶとく、執念深さを裏返せば、信念を持って生きている人物たちが多かったということになるけど、源が田西に負けたら離婚届けに判を押すという信念があったのがよかったし、花ちゃんも一つのけじめとして、源の借金を背負ったのも清々しい話だった。
龍もある程度悩みながらも信念を持っている様子が垣間見れたのはよかった。
ラストのシューマイの上から目線がそのままで、自分のしでかしたことでそもそも田西が捕まることになったというのに、そのことは大きな弱点だと認めて自分が雇うからと、ぬけぬけし様子もシューマイらしいしぶとさは、なんともひねくれてましたね。。。(器が大きいというか。)

それにしても、3人がやっと家族になれたことは、ほんとホットするシーンだったなぁ~。
その後の田西家というのも見てみたい気もするけど、やっとまとまったのでココで十分なのかもしれない。(笑)