SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

中田ジャパン決勝へは1秒の差というかんじで残念であったが、やってくれそうなチームになりそうですね。♪




長澤まさみちゃん、アンダーアーマーのイメージモデル・キャラクター。かっこいい~♪

つるかめ助産院 第2話(感想)

「ゴエンの契り」

かなり警戒していた「押し付けがましい価値観」というものがけっこうあるのではないかと、、大分思ったけど、
子どもを生むということと、モラルの問題をごちゃ混ぜにしている点があるみたいですっきりとは観れないかんじもするところ。
子どもは宝だということもわかっているのに、問題はそうしたことではなく、父親の問題とか社会性の面。

そこらへんをかなりの勢いで、鶴田亀子(余貴美子)のパワーや、「郷に入っては郷に従え」というような島の住民のパワーによって、選択肢がほとんど0になってしまうというか、洗脳的な面がけっこうある中で、考える力も落ちてくるというべきなのかなぁ~とちちらっと思えてしまう。
まぁ小野寺まりあ(仲里依紗)の場合は、しっかりと考えて、亀子の元で生みたいということだったわけですが、
ちょっと、島の住民の子が子を授かったという親子のエピソードが紛らわしくなってしまったかなぁ~というかんじでした。

そこらへんの戸惑いにも触れて欲しかった気がするけど、子どもが宝だというおとぎ話のようなたくましい地域社会性を見せられたら、そんなものはどうでもよくなってしまうのかもしれないのか、、ちょっとは納得してしまうようで複雑なかんじですね。

亀子の温かさや大きさに触れられるだけでもおもしろいと思うし、どうしても言いたかった言葉が「お帰り」ということだったなんて、、
今までのお世話代も5円というのも「ご縁」っていう暖かい言葉だったみたいで、心が動揺していたまりあ(仲里依紗)が踏みとどまった理由がそこらへんにあったのかもしれないなぁ。。

TOP