読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

リッチマン、プアウーマン 第9話(感想)

「私を信じて!あなたの壁を壊したい」

日向徹(小栗旬)と夏井真琴(石原さとみ)だけの再出発が描かれた今回、
二人の関係が友だちとも恋人ともとれないなんかいいかんじで、真琴の顔に袋が飛んできて、砂が口の中に入った!!入った~と、喋り捲るところがおもしろい喋り方だったし、、じゃりじゃりしそうだな。。な~んていう雰囲気もいいかんじ。(終始この真琴の明るさと雰囲気がいいけど、、やはり徹と恒介(井浦新)がひかれる理由がそこらへにあるんでしょうね。
恒介までも、真琴に好意を持っているということだったけど、徹と確執は単にあまり深いものではなく、ドラマのとおり、塗りつぶしたかっただけだったということだったのか。。(嫉妬のような。。)
それはそれでいいんだけど、なんかまだありそうな気がするし、納得出来にくいかんじもあるけれど、
テンポが速くて、もう、朝比奈が捕まるというのもあれ、、っていう展開。
せっかくのパーソナルファイル事業がこれからというときに、棚ボタ的すぎてしまったかんじが強すぎたような気もする。

ともかく真琴と徹の二人だけの再出発に、自由さ、ゆったりした時間が感じられていたことが良かったと思うし、
これは、二人のシリアスな性格的な面をそのまま演じたといってもいいような雰囲気が感じられたけれど、
それぞれの個性が生き生きと(多分地かと。。)描かれていたことが良かったです。

それに尽きる今回であったので、まさかな朝比奈の展開や、
さらに、軽く徹の母親の居場所を妹の燿子(相武紗季)に教えていたというのもあれ?っていう部分ではなかったけ。。。?
(徹は確か、母親の居場所は知ってないと思うんだけどなぁ~)
まだ、含みがあるということでしょうか。

広告を非表示にする