SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

ボーイズ・オン・ザ・ラン 第5話(感想)

「28歳…初めての彼女死んでも守りますッ」HP

テレビ朝日のこの時間帯というと、ちょうど一年前の夏ドラマ「ジウ 警視庁特殊犯捜査係」を思い出すけれど、中身は違えど、アクションシーンがかっこよかったりするところは、、同じようなものをかんじるところで、やはり、アクションの回は演出も同じよう。

コミカルかというと、そうでもないものも感じ、単にコミカルでない部分がいわゆるコミカルドラマとは一線を引いていると思うし、ちょっととっつき難さをかんじる点でもあるけど、やはり主人公の田西(丸山隆平)の迫るような演技に圧倒されるばかりでした。(多少筆舌しがたい面が、ドン引きする面でもある。)

簡単に語れないものもやはり、そこらへんから感じるわけですが、楽しいデートのはずが、結果的に丸く収まるにしても、、それまでがかなり大変というわけで、、そこが持ち味っていうことだとは思うけど、ハードな面でもある。

田西の思いに、同意する大厳花(平愛梨)のあたりもよかったし、命がけで守ろうとする田西の捨て身さは、もはや、うすっぺらというものはなかったし、ボクサー:龍(上田竜也)とのやりとりのあたりなど。。。
なんかどっぷり漫画チックといえるけど、、なんか釘付けになってしまった場面でした。

やはり、かなり好演している丸山さんに平愛梨さんがいいなぁ~。
ちょっとテレビでの観る目がこれから変わってしまうけれど、
丸山さん=田西なことは言うまでもなく、、なんていっても平愛梨さんの演技のブレがかんじられないのも、かなりいいし!目が離せなくなりそうです。
(好感度下げなちはるは、、やはり、その笑顔と役柄の差をかんじるというか、この設定はひどいと思わざるおえないけれど、、笑顔には勝てないものがやはりあるようで、次回も見守りたいところ。)

あれこれ調べていたら、、ついあらすじが目に入ってしまった。。。(涙)

TOP