SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

リッチマン、プアウーマン 第5話(感想)

「あなたを支えたい…二人で迎えた朝」HP

最近つい8分ぐらい見送れることもあって、ココ最近の動きにやや、ついていけないところがあるけど、、それほどたいした内容でもないから、、ちっとも苦になりません。(笑)
日向徹(小栗旬)と朝比奈燿子(相武紗季)とのあれこれも、、なんかイマイチ恋なのかどうかもわからないし、
ドラマ的にも浮いているというか、、とっちらかっているというかんじ。

片腕と思われた恒介(井浦新)がまさかの裏切りという背景に、日向の仕事への情熱を描いているといってもいいドラマでしょうけど、裏面とのギャップを感じるので、絵に描いたような展開にしか見えてこないけど、、気のせいでしょうか。。。(キャスト、脚本との相性というものもある。。(笑))

ともかく、魅せるところがどうもよくわからないし、どこをみていいのかと、、月9らしいといえばらしい展開。
トマトビジネスで先を越されたとかと思っていたら、さらに個人情報流出騒ぎが起こり、、裏での大丈夫ですよっていう会話が、まさしく手の平ドラマってかんじで、薄いといえば薄いと思うけど、、内容がイマイチわからないからそう見えるんでしょうかね。。。手の平ドラマっていうのもいいかも。(笑)
対立関係も鮮明でないのもわかりづらさに拍車をかけているように思いますが、
じっくりみたいかんじもあるのに、つい8分ぐらい観損ねちゃうドラマでもあるみたいです。

トマト嫌いに食べられるトマト料理の場面とかは観ていてもほっとするし、情熱的にPCからトマトなどを買えるというシステムを開発する様子もいいし、、寝顔がまたそばにあるところもおもしろいし、、嫌いじゃないドラマでもありますが、、それぞれをもう少し、厚みを持たせるとか、、的が絞られるといいんじゃないかって、、かってに思ったりしてます。
初めの8分ほど観損ねているので、、なんともいえないわけだけど、所詮、感想はかってなもの。。。(笑)

ドラマで最近感じるのは、どうも手のひらドラマが多いいということ。
主人公らしさがあまりなくて、、背景がどんどん動いていくというかんじが、、量産体制ドラマってかんじを受けるけど、それは絵図らがいいというか、漫画チックドラマとも通じるかんじで、最近の漫画ドラマ化に感化されているとも言っていいんでしょうか。
ともかくこのドラマ、軽いことは軽い気がする。
雰囲気ドラマが、さらに流行に乗ろうとすると、、こうなるというかんじなのでしょう。(笑)
なんか軽くて、あまり深読みするほどでもないとも思うけど。。まぁいいかぁ~。