SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

★5/26中田監督の会見があったようですね。伝説のチームにしていきたい・・も良かった。やるべき課題も見えているようで一安心。

ボーイズ・オン・ザ・ラン 第3話(感想)

「最愛の人を守るんだぶん殴りに伺います」HP

簡単にまとめると、よくあるパターンでしたが、見事に裏切られたというかんじは、このドラマを観る視点が変わったかもしれないところ。
純愛路線ましっぐらな主人公に突きつけらた、真実はむごかったということだけど、、
観ていてもただただなんか落ち込む内容で、つまり、ある意味教訓ドラマってことではおもしろいところでした。

ある意味、、ちはるがけっこう可愛らしいと書いていた前回の感想も、踏みにじられたわけだけど、、なんでこうなるのか、もう、ちはる(南明奈)はこのまま田舎へ帰るという、フェードアウトってかんじなのでしょうね。

そんなわけで、ちはるにもがっかりだったけど、青山(斎藤工)も青山ってところで、田西(丸山隆平)も田西ってかんじのドラマは、、もの悲しいやら、頭にくるやら、、平常心では観ていられないところだったようです。(笑)
(この時間帯的にコミカルでない内容もどうかと思うけど。。どうみても、、笑えません。)

そういうわけで、以前から気になっていた耳が聞こえないという大厳花(平愛梨)のしとやかさが、、以前からとても、お気に入りだったわけだけど、、ハンディーも苦にせず、料理もうまいときたら、、もう、、惚れるばかりな展開にやはりなるんでしょうね。