SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

ビューティフルレイン 第3話(感想)

★日テレ、フジテレビのドラマのホームページで放送後一週間無料視聴できます♪

「…父ちゃん、アルツハイマーってなに?」HP

このドラマで一番よかったところは、実は、、父ちゃんが見せる最上級の愛情表現ともいえる返事「ハイ。」でしたが、、それはまた、娘、美雨(芦田愛菜)を必ず幸せにすることができる無敵の「ハイ」でもあるんですよね~。。
なんともこの「はい」が父ちゃんのまっすぐな愛情表現そのもので、、なんとも微妙なトヨエツさんらしいさが溢れているところだと思うけど、ちょっと涙シーンが増えだしたとしても、観ていこうかなぁ~と思った瞬間でした。

それにしても病としっかり向き合う姿や、、失敗をも克服していこうとする努力には頭が上がらないし、美雨の心配も深まる中、、ひたすらに娘を思う父ちゃんの姿は、、まさしく、、父親の姿を見るようで、。。なんとももう、、これは、、涙なくして語れないドラマになってきました。
娘役の愛菜ちゃんもけっこう好演していると思うし、あの寝顔にはやられっぱなしだけど、、子どもの寝顔に勝てる親はいないんでしょうね。
まして、作文までも書かれていたりしたら、、ここは、もう、涙があふれるばかりでした。。
多分、涙を覚悟していかないと。。けっこうこの先はさらに大変ってかんじがしてきました。

おもしろかったところは、そういうわけで、、なかなかないわれけですが、新井小太郎れ(高木星来)が手紙を読むところの「おいらの大切なものは貯金通帳です。」には噴出してしまったけど、新井春子(国生さゆり)がたまに、取るとかとらないとかも、おもしろかったけど、疲れて寝てしまう父ちゃんの姿も、、辛いところでした。

もう、こうなったら、母親代わりとして、アカネ(中谷美紀)ちゃんががんばってくれることを期待したいけど、、いいかんじでもあったような二人でしたね。。
「実は私、。。。」は、、いったいなんだったのかわからないけど、別れてきたとかなんとかなんでしょうね。
そちちら側が動き出しそうだけど、、なんとなく、、美雨(芦田愛菜)を気遣うところもあるのは、うれしいところでした。

TOP