読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpringStar★

勝手気ままなTVドラマ感想日記

カエルの王女さま 最終回(感想)

2012春ドラマ

「涙のラストソング」

シャンソンズ復活コンサートは、思っていたとおり期待を裏切ることなく、よかったと思うし魅了されてしまったけど。。
私的にメモリアルなドラマなことでも、、、しっかり1話から最終回まで録画したものをDVDに残して置きたいし、ほんと、、身近なところが、「カエルの王女さま」によって、こうも忘れられないものになるなんて、嘘のようで、うれしいったらないです。。。(笑)

前回あたりから、市長VSシャンソンズという構図が崩れだして、同じ方向を向きだしたところに、さらに、結束して音楽堂での復活コンサートを盛り上げるという流れもよかったところで。。。
合併先の市長が談合していたり、バカ息子を新しい市長にと、もくろんでいたという話も盛り上げる上では、いい策だったと思うけど、深く深く潜りこんでの準備してゆく様子もなんだかワクワクして。。。単にコンサートを迎える話にならずに、一ひねりしてきたっていうのは、ナカナカってかんじでした。
こういうワクワク感がもう少し前からあったならばってところだと思うけど、、これほどに盛り上げることができるということでも、もうちょっと早くこうしたものが観たかったところでした。

復活ゲリラコンサートは、しだいに、なんとなく目の前で観ているようなかんじにもなってきて、音楽の持つ力や魅力といったものに存分に魅了されてしまたけど。。。ただただ感動してしまうばかりで、まひる(大島 優子)と玉子(菊地
美香)の活き活きとした振り付けも印象的で、、上げるときりがないくらいすべてがよかったぁ~ってかんじでした。

ラストの曲が終わってから、澪への感謝の気持ちを伝える「ハロー・マイ・フレンド」や、アンコール曲の「風になりたい」は、なんとも選曲が良かったし、盛り上がったけど、、「風になりたい」ってなんかすごいいい曲なんですね。。。
今まで聞いたことはあれど、、なんとなく意識しなかった曲で、、歌う人が違うとこうも違ってくるっていうか(笑)わからないけど、ともかく、、振り付けといい、歌といいよかったし、一番素敵なシーンでした。
まひる(大島 優子)、玉子(菊地 美香)の部分が特によかったなぁ~

澪に贈る「ハロー・マイ・フレンド」もウルウルしてましたけど、、お礼を言う澪なところは感極まるばかり。。

今回、、出たってかんじのまひるちゃんが、口も目も大きく開いて、思わずニンマリするところは、途中から目をやや右上に見上げるというのがツボで。。さすが優子ちゃんってかんじで、、、トップに君臨するだけの実力を垣間見たような
気がしたけど。。(笑)そうした意味でも、、もう少しユーモラスなまひるちゃんが早く観たかったというところでした。
さらに、リーサルウェッポンも始動しての、桜(濱田 マリ)の筋肉おたくぶりや、側転なんぞ軽々とこなしてしまう運動神経のよさを魅せつけられたけど、、やはりなんとも驚いたことでももう少し、、早くってかんじで、、最終回のような盛り上がりも、、もっと早くって。。。
そうした全体的な後手後手感がチョットもったいなかった気もするところでした。

主題歌がラストに流れ出すと妙に、テンションが上がってくるドラマでしたが、、それももう、観れなくなるとなるとちょっと寂しいけど。。こんなメモリアルなドラマが観れたことは、なんとも幸せでした。。
そうした意味でも忘れられないドラマになりました。(嬉)