Spring Star★

気ままなドラマ感想

リーガル・ハイ 第9話(感想)

「恩讐の村人よ・・・美しき故郷を取り戻せ!!」

今回、、公害訴訟に関して、、すべては、三木長一郎(生瀬勝久)たちの思惑どうりってことだったみたいで、、村人がなんとも田舎の年寄りというよりも、、時代劇を観ているようなかんじもしてしまったので、今ひとつ微妙なかんじを受けてしまったけど。。(笑)
先生ってことでも、「村人を苦しめる悪代官」VS「剣の達人先生」ってかんじで、「野武士にでも襲われたか」っていう古美門(堺雅人)先生なところも、笑っちゃったところでした。。。

今回はパワフルなコミカドの演説ぷりが、なんともちょっと真知子(新垣結衣)じゃないけど、、ウルってなりそうなくらい圧巻だったところで、年寄り達に向かってダニだとか、吐き捨てるように罵声を浴びさせるコミカドパワー全開ぶりがやはり、凄いったらなかった。。。

「観たまえ彼れらの満足そうな表情を、ズワイガニ食べ放題ツアーの帰りのバスの中そのものじゃないか~、黛君、よく覚えておきたまえ、これがこの国の『馴れ合い』という文化の根深さだ。人間は長い年月飼いならされると、かくもダニのような生き物になるのだよ~」。
。。。と、『馴れ合い』っという部分はちょっと耳が痛いところだったけど、さらに。。。

「いいですか、皆さんは国に見捨てられた際、棄民なんです。国の発展の為に年金を貪るだけの老人なんて昔でしたら塵取りで集めてハジッコに寄せてヨウカンを食わせて黙らせているんです。大企業に寄生する心優しいダニ!それが皆さんだ。」。。となんだかんだと攻撃的な部分もあれば。。。

「誰れも責任を取らずに観たくないものを見ず、みんな仲良しで暮らしていけば楽でしょう。しかし、もし誇りある生き方を取り戻したいのなら、観たくない現実を見なければならない、深い傷を負う覚悟で前に進まなければならない。戦うということはそういうことだ。愚痴なら墓場で言えばいい。金が全てではないが、金なんですよ。あなた方が相手に一矢報い、意気地をみせつける方法は、奪われたものと踏み躙られた尊厳にふさわしい対価を勝ち取るだけなんだ。それ以外にないんだ!」。。。う~しみる~ってかんじで、圧倒する凄さが印象的ったらなかったけど、、、古美門先生の言うこともごもっとも、というかんじも、、ちょっと耳が痛い演説でもあったようでした。。。(笑)

どうもよく服部(里見浩太朗)さんの手料理が出てくることがやはり理想的で、、毎回ぱくぱく食べている古美門や真知子がうらやましったらないけど。。あの料理も食べた~いってことでも、、ここは客寄せ○○ってかんじの○○がかなり効いているってわけなんでしょうね。

ちょっと、所々に入れ込まれてくるギャグ要素は、不発ってかんじがあって。。田植えな真知子や、名をとどろかせたという服部さんに褒められてついっていうところも、なんかイマイチってかんじがしてしまったけど、
冒頭の霊媒師がなんともへんなおもしろさや、古美門まで釣られてオーバーアクションになってしまう様子もおもしろかったところでした。(笑)

年寄りは嫌いだ~公言してしまったことで、、服部さんが、「私も年寄りでございます」っていう、、ところも、、なんだかつぼ。
そして、ペッタンコって、、どうも谷間ってことだったみたいですね~。(笑)

TOP