読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

★5/26中田監督の会見があったようですね。伝説のチームにしていきたい・・も良かった。やるべき課題も見えているようで一安心。

鍵のかかった部屋 第9話(感想)

「榎本、逆プロポーズされる」

やけにビビる芹沢(佐藤浩市)がおもしろかったけれど、びびる様子をおもしろ~くみせることが今回のおもしろポイントだったみたいです。
「行動パターンをある程度知ることができました。わ、はは~」と脅してきたけれど。。(笑)冗談、冗談って。。静かにびびる芹沢もおもしろいったらなかったところで、その後もビビル芹沢がみられたことでもなかなかおもしろかったです。

芹沢が話している途中で、、画面が消えてしまうのもツボるところで、かなりその手法を毎回のようにうまく使っているのも、おもしろいところでした。

ただ、やはり。。姑息な手段を使ってきたことが、、ありえないって思ってしまったけど、、榎本(大野智)が密室の答えを出したときには、、いや、いくらなんでも、取ってつけたような展開すぎたことでもドン引きで、あれこれ頭をひねったこととは思うけど、、もう少し気の利いた解決策はなかったんでしょうかね~(笑)

「。。。証拠なんか関係ない。」ってところは、やけに納得してしまったけど、、(笑)
やはり姑息って言葉を使っていたことで、まとまったと思うので、もし、そうした言葉に触れていなかったら、、、なんともお粗末な展開になってしまったみたいでした。。

今回は、さすがにセキュリティ会社も大変って気がしてきたけど、、見破ってしまった榎本(大野智)に対して、、「こら~吐いた。。は、盆に返らず」みたいなことをいう野々垣(哀川 翔)の悪あがきぶりも、、ちょっとよかった。。。