読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

2012ロンドンオリンピックバレーボール世界最終予選女子「日本×セルビア」戦

2-3で負けてしまったけれど、なんとか五輪の切符が手にできたことではうれしいばかりでした。

しかし、やっと、、セット率でタイを上回り五輪のキップを手にすることができたように、、、
やはり去年よりも不甲斐ない日本チームということが言えるけれど、まさかここまで調子が悪いとはどうしちゃったんだろうかっていうのが率直な感想でした。。

荒木選手のブロード攻撃がよかったけれど、木村選手の決定率の低さが目立ったりというように、昨日のセルビア戦は今の日本を象徴した試合内容でした。
ともかく2セットを取った勢いもなくして、、ずるずる負けてしまったことは、不甲斐ないの一言で。。。
やはり大会を通して魅了されることがあまりなかったかんじで、これではこの先もどうなるかわからなくなってきたけど、どうしてしまったんだろうという疑問府ばかりが残る結果になってしまったようです。

結果が問われる今大会ということからも、そのプレッシャーも大きかったことは間違いないとしても、、、ここまで調子を崩すこともないと思うので、チームに漂う重さの原因の根がもっと深いものだとしたら。。。今の時点では痛すぎるようにも思う。

データばかりが大きく一人歩きして、頭でっかちになって身動きができなくなってしまったなんてこともないと思うけど、、迷う場面がなかったのだろうかと、、ちらっと思うし、五輪出場を決めたことでその後のテレビ出演している選手たちを観ていても、なでしこジャパンのような明るさとどうしても比較して観てしまったけど、五輪への圧力というものやデータでがんじがらめになった結果が選手の気持ちをかちかちにしてしまったのではなかろうかと、、あれこれ考えてしまうばかりでした。
言えることは、一点一点を取るとう原点を振り帰ることや、今までの自信をどうにか取り戻すことがこれから求められると思うけど、、セルビアの負けはそうした意味でも痛すぎました。

    • 日本代表は31日から国内合宿。
    • 6月5日に開幕する五輪の前哨戦「ワールドグランプリ」(6月5-10日=韓国・釜山、6月11-17日=愛知・小牧、18-24日=大阪市、ファイナルラウンドは6月25日-7月1日=中国・寧波)に出場。
    • 7月に再び国内合宿を行い、7月12-21日のスイス遠征を経てロンドン入りする。五輪代表メンバー12人は6月中にも発表される予定。

 

。。。という日程らしいので、これからいい意味で力を抜いていくことも必用かと思うけど、自信を取り戻していってもらいたいですね~