読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

★5/26中田監督の会見があったようですね。伝説のチームにしていきたい・・も良かった。やるべき課題も見えているようで一安心。

リーガル・ハイ 第6話(感想)

「DV?二股?流血の結婚裁判、刺客は元妻」
HP:http://www.fujitv.co.jp/legal-high/index.html

冒頭に出てくる真知子(新垣結衣)対古美門(堺雅人)の面白いスローモーションが前々から気になっていて、、
これは毎回進んでいるのかよくここらへんを観損ねることからもわからないけど、
かなり接近して後一秒で指にぶつかる様子は、いったいこれからどうなるだろうかと、、次回が気になる~ってかんじ。。

ほんとここは本編よりもおもしろいと思うくらいで、、うまいことこの要素を本編の方にも生かせたらもっとおもしろくなりそうなのにな~とか、ちらほら思ってはいるけど、どうもおもしろおかしくしているだけな古美門オーバーアクションってかんじもちょっと。。。

やけに予告がおもしろそ~だったことからも、木南さんも出てくるということからも、、だんぜん期待が高まってしまった次回ですが、、面白さに満ち溢れる予告を観たのは初めてかもしれません。
思えばこのドラマ、後一味何かが足らない気がするけど、、突っ込みを入れるべきかどうかも微妙なかんじで、なかなかうまく言えないけれど、、-
冒頭のスローな対決をうまく持ってきて真知子の気持ちを表すというのもおもしろいと思うし、
後一つ加えるとぜんぜん違うおいしい食べ物に変身してしまうようなそんな一歩手前な状態なかんじもします・・。

そいうわけで、今回、刺客に前妻の圭子シュナイダー(鈴木京香)が対決していて、その貫禄やしとやかさに魅了させられっぱなしで、内容もいいお話にまとめあげられていたことでもよかったと思うところでした。
やはりクライアントの利益を守ることが弁護士の仕事という見えない部分もあるのだということを、、学ばなければいけない部分として、、魅力的な深さをかんじたけど。。
まぁ~ドロ試合をうまく導いたことからも、そういう点ではうまい落しどころを見つけるのも弁護士の仕事であるというかんじでした。