SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

リーガル・ハイ 第4話(感想)

「太陽を返せ!マンション裁判仁義なき戦い
HP:http://www.fujitv.co.jp/legal-high/index.html

勢いがドラマの味噌っというかんじでおもしろいばかり・・。
なんかこのドラマの場合は、ちょっと感想の前に考えてしまうところがありますが、
弁護士なのに、悪徳ってかんじなのに、、そんなかんじがしないことがまず引っかかります。
結果的にうまいこと話が出来ているだけじゃないかって気も後から湧いて来るので、イッキに描き切るコミカルな古美門(堺雅人)マジックに魅せられているということなのでしょう。。。
深く考えてしまうと住民の方が負けることに違和感をかんじてしまうばかり・・・。

前回のとんでもない応援おばさんの件についてもそうだったように、
あ、なるほどって勢いで見ていくドラマなのしょうか。
変に考えると面白さが半減するので考えない方がいいのかも。。。(笑)

古美門(堺雅人)の悪徳ぶりに対立していることで、真知子(新垣結衣)がおもしろくなったり、
正論対正論ってかんじのところが、またおもしろさというところなようで、これはうまいこと対立させているな~と真知子と古美門の絵だけでも笑ってしまうかんじがあります。

毎回オープニングの画面が代わるのかわからないけど、とび蹴りってかんじな真知子もおもしろいし、
何これってかんじで、ドラマをそのまま象徴していることでもここはユーモラスでスローモーションがまたいいかんじ。。。

今回のマンションについては法律的になんの落度もないということで、示談の金額をどこまで抑えられかといったことが焦点だったわけですが、
人権派の弁護士の大貫善三(大和田伸也)がどちらかというと目立ちたがり屋さんってかんじもかなりあって、
結果的に自己満足ということでのやりとりになっていくっていうのはおもしろいかったところでした。
さらに、
深いものをしっかり考えていられるように思うという服部(里見浩太朗)の言葉に対しての
下請け会社が倒産するかもしれない話を持ってきたのは、あまり深く考えてもいなそうな古美門ぶりもおもしろいところ。。。
まぁこのドラマはどうも対立させていることでおもしろさが出ているように思ったわけですが、
真知子の正義感が突拍子もない古美門ぶりを引き戻していることになり中和剤的役割をしているんでしょうね。
うまく対立してゆくことで成り立っているところがあるドラマだな~と確信。。。

そういう意味でも今回の大貫善三との一戦は、見応えがあってよかったけど、小僧とか、切れまくる大貫ぶりが観れた事もおもしろかったし、やや厚かましいような篤い男がぼろぼろに負け落ちるところもやはり計算されていたってかんじでした。
蘭丸(田口淳之介)もツボ的な役割りをしていたけど、、しかし忍者の服部。。。?