SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

リーガル・ハイ 第3話(感想)

「初恋かストーカーか?号泣の恋愛裁判!?」
HP:http://www.fujitv.co.jp/legal-high/index.html

それぞれのキャラクターが、いいかんじに確立されてきた中 、
堺雅人さんは大好きなのに、古美門を作りすぎている点や、突拍子もない変人ぶりがまだ馴染めないようなかんじもしてしまう。。。
というよりか、おもしろいかどうかという点が微妙なかんじがまだしていて、
受け入れるべきか否かのジャッジは続くっという方があっているような気もします。
まぁ総合的にはぜんぜん問題ないけど、あの分けた髪型か受け入れがたいのかもしれません。(笑)

そんななんとなく馴染めないかんじもちらほらあるけど、
服部(里見浩太朗)、 加賀蘭丸(田口淳之介)の役割も固まってきたことで、総合的にそれぞれのキャラクターに愛着をかんじるこのドラマがさらに楽しみになってきたようです。

今回は、真知子(新垣結衣)のストーカー裁判と、古美門(堺雅人)が同時進行し、さらに真知子のエピソードを絡めてきたという展開。

古美門の方がなんとも優勢に進んでいく様子が、野次を本にする予定だったという点などがありえないじゃないかってことでも、理不尽なようでやや引いてしまったけど、
ちょっとうまく出来すぎたかんじがありましたね~
一方のストーカー裁判は、初めからストーカー確定的という見せ方だったこともあり、
ん~真知子は大丈夫なのかと、、、思っていれば、うわの空に過去の自分を思い出しているばかりだったということでも、勝負けはどっちでもよかったのでしょうかね。
微妙な問題でもあるし、勘違いが取り返しがつかないことになってしまうってわけなんでしょうけど、、昔の似顔絵を最近まで持っていたことで、当の本人の気持ちをはっきりさせなかったことは、ちょっと納得もいかなかったし、ある時点から完全にストーカー行為だと思ってしまっている気持ちとの葛藤というかんじだったように思えるけど、、どうも後味が悪い方が強かった気もしました。

ドキュメント番組で取り上げることになった点は、古美門のコミカルさが面白く出ていてよかったし、
真知子をお玉じゃくしと罵りつつも、負けたことで何が食べたいっていう憎いことを言うのも、
堺さんってかんじがしてよかった。。

さらに今日のトムヤンクン、ちょっと辛過ぎでしたね。なんって言う古美門には、親しみばかりをかんじてしまって、守銭奴でもなさそうな温かみのある部分も持ち合わせていたのかと、突っ込みを入れることもない真知子であったというかんじです。
微妙なこんなところが、いいかんじでした。。。

だんだん回を重ねるごとに、欄丸や服部といった面々がうまく溶け込んできたこともあり、
さらにおもしろくなってきましたね。
一方の負けた三木長一郎(生瀬勝久)と 沢地君江(小池栄子)は、ちょっとやりすぎってかんじもあるかな~

そんなわけでエピソードが盛りだくさんといった今回は、かなり力が入っていたみたいでしたね。