Spring Star★

気ままなドラマ感想

カエルの王女さま 第2話(感想)

「新しい私へ!浪漫飛行
HP:http://www.fujitv.co.jp/princessofthefrog/index.html

ロケ地、山北町までいって来ました。。どこだかわからないでしょうけど、、こっそりUP♪

f:id:rapyuta10:20120420073355j:image:medium:left
浪漫飛行を歌いながら踊っている様子を観るだけ、幸せなので言うことなしのドラマなんですが、
今回ばかりは大島ファンだけども(初めのころの思いが甦ってきたーみたいな、、)さらになんだか石田ゆり子ファンになってしまっているし、今回菊地 美香さんも気になる~ってかんじで、、ただただ熱い視線を送って観ているばかりです。

そんなわけでテレビの前で目をさらのように、わ~!とか、あれ~!!とか。。大変なんであるけど。。
応援メッセージというか、カエルファンとしての感想にこれからなってしまいそうです。

f:id:rapyuta10:20120420073354j:image:medium:left
ドラマのだいたいの流れは、合併対シャンソンズ復活ということで、
やはり商店街もマンションにしてしまうってことからもシャンソンズが町を復興してゆくという、合併しなくてもよくなるというお話だと思うけど、
それぞれのメンバーたちも今まで以上にやる気を取り戻して、
市長一家も元のように丸く収まり、澪(天海 祐希)は成功を収めたことから、また新たなステージへと旅だって行く・・
というストーリーが目に浮かんでならないです。

f:id:rapyuta10:20120420072017j:image:medium:left

今回は、学級委員、忠子(石田 ゆり子)がやはり反対してはみたけれど、家や古いことにしばられたくないという気持ちから、父の反対を押し切ってまで、シャンソンズを失いたくないと突っ走ったところがよかったです。
忠子がCDを持ってやってきてからの澪の言葉が、今まで何もなかったかのような自然な言葉をかけるのもよかった。

ここらへんの歯がゆい場面は、おもしろいポイントに変換されやすいということで、ようやく一つにまとまることが出来た桜祭りエピソードだったこともよかったの一言でした。
まだまだ地固まるとはいかないかもしれないとしても、一応まとまってきたというかんじですね。

ショークワイアを取るか、否かのところは、ショークワイアというものがどういうものかよくわかったり、口ぱくだったのが残念としても、やはり魅了されてしまうところでした。

f:id:rapyuta10:20120420073351j:image:medium:left

桜祭りでの澪の言葉「田んぼのカエルが観ていると思えばいい、私たちはもっと歌えて踊れる自由なカエルだ。」そのような言葉がじーんときたし、バッキ!っとCDを折ってしまったことで、怒りをあらわにしてぶん殴るのかと思えたけれど、、
歌を愛する者のなんともすばらしい人間性というもので切り替えした澪を観ているだけで、感動だったけど、学ばなければいけない点だったところでしたね。

f:id:rapyuta10:20120420073352j:image:medium:left

ワンクッション置くというわけでなくて、なんか心に訴えかける強さが、澪のすばらしさなんだろうな~と思うばかりです。気持ちはやはり、澪=天海さんなわけであるけれど・・。
そうしたことでもこのドラマは理屈でなく、そのままの感性で素直に観てゆくストーリーだと思うし、
100%くらいあこがれるストーリーになっていると思います。

f:id:rapyuta10:20120420073353j:image:medium:left


【追記】
言おうかいうまいかけっこう悩んでいたんですが、(プライバシーとかもあるけど体に悪い。。)
カエルさま、神奈川県西部をかなりロケしていることもあり、もう、見た風景ばっかで、、、、今回のランニングしてるところや、あそこもとかというかんじで大変でした。。もうめったにないことなのでこっそりと記しておきます。

次回またUP。。
いやたまげたというかあの靴があたったのも、、多分、あの橋だったのかな~。まぁロケがどうのこうのって書いたとしても「あ、そ~」ってことでたいしたことではないけど。。
いってみればこれがドラマっ子の副産物というか幸せというか、醍醐味です。

あ、そうそう、意外と山北町役場や商工会議所などみてみても、何もとくに変わった様子がないんですよね。このドラマとコラボでもして盛り上がっているのかな~と思いきや、ポスター一つなく、静か~なものでした。
町おこし的にはいいと思うんだけど、そういうものなんでしょうかね。
女子マラソンで五輪出場決定した尾粼好美さんの垂れ幕が町役場にかかっていましたが、ん~~山北町岸だったとは知りませんでした。。もう、30歳ということでも、後がないロンドン五輪応援してます。

☆写真は出演者の方(大島さんに特に)にわかってもらえたらという一心なんですが、まぁそういうことですが、ハテナ、パスワードをかけられるとははじめてしりました。なかなか。難度を高くせっていしたいとも思っているけど、やはり静かな町並というものは宝だと思うので難しい。。

ちなみにロケ、もうちょっと南下してくれたらうれしいんだけど。。。しかし桜祭りの場所はどこでしょう。。。

TOP