Spring Star★

気ままなドラマ感想

37歳で医者になった僕 第1話(感想)

「僕は自分をやり直す為に医者になった」
HP:http://www.ktv.jp/37doctor/index.html

この時間帯は、NHK(ドラマ10)の方がほとんとドキュメントタッチということもあって、
ほぼリタイアなのですが、、これもちょっとそんなかんじ。
新鮮なはずの研修医という視点から、いくら37歳としても主人公にハツラツ感がないのは痛いし、僕シリーズの持ち味を生かしているとは思うけど、魅了されるものがなかったです。
変わりたいという主人公だったり、研修先をここにした理由もあったけれど、
二つの理由というものも分りづらく、同僚の沢村瑞希(水川あさみ)が言った「丸投げすることは患者が馬鹿だ」の方がなんかあるな~と思ってしまうばかり。
理不尽なやり方に反対するという視点はいいとしも、今回の試したことが、悪い方に出ることもあったので、
賭けだったことも説得力がうすくなってしまうかんじです。
ただの子どもの視点だと言われてもしかたないし、思ったことを口にするというところでも、
そんなかんじになってしまっているようで、責められるばかりなドラマのシンドさの方が強いですね。
逆転ホームランというのをねらっているわけではないのでしょうけど、静か~にやってくるボディブローがだんだん効いて来るというかんじで、へんなシンドさのほうが強く出てしまうかんじを受けますね。
斉藤工くんも、どうも役風が固まっているような気もして、シンドさに輪をかけてます。
シンドさを我慢しながらもう少し観てみようとは思ってますが、微妙。

TOP