Spring Star★

ドラマの感想を書いてます。


★日本女子バレーボールチームは6位だったけど、実質8位かなぁ?w  戦国時代という言葉どうりの内容になっていた女子世界バレーだったが、ベスト3に入るのはもう・・・至難の業であると思う。日本人らしい戦術を磨き上げることが必要であるけど、後2年か・・無理だとかなり思うがミスを極力減らしていくことで勝機を見出せる可能性はあるかなぁ。技量が増せば速さも伴うものだよね。理屈なんて後からついてくるがシンプルに速さはつまり、鍛錬あるのみですよね。出来ないのになんで難しくするんだろう・・。先導者が難しくしているかんじだけど、タイチームのシンプルさを見習いたいとも思う。シンプルに考えてやっていれば日本人は技量を身に着けることにかけては、外国には負けないはず。

ラッキーセブン 第3話(感想)

「結婚詐欺師を追え!」

普通になってきてしまったようで、キャストにも違和感をかんじてしまったりとかして、辛い感想です。
いやはや、、2話から無難な作りになってしまったけれど、今回はとうとうアクションもなかったし、大分がっかりです。
これで普通ということでしょうけど、まぁ~仕方ないのかな~

それはいいとしても、なんか新田(瑛太)と駿太郎(松本潤)の間にみぞみたいなものを感じてしまわないわけにはいかないようなストーリー展開が気になってしまうけど、さらに、温度さもあるように感じられるのは、気のせいでしょうか・・。

あれこれその辺に何かあるのだろうかと、、ドラマ通でなくてもへんに勘ぐりたくなってしまうのは、ただの違和感なのでしょうかね。
(あれこれこうしたことを書くのは、ひかえたいんだけど・・。)

3話は、けっこう演技力でカバーしたっていうかんじがして、「男ってほんと単純だ」と、お色気で迫ってきたところとか、車を飛び越すのか新田みたいなアクションだったり、ちらほら入れてくるそんな萌えポイントで救われているみたいなかんじになってきましたね。
キャストの気転だろうか。。
ドラマを観ているよりも、作る側目線で観てしまうドラマになってきたようです。

ドラマの質は、大分落胆してしまうとしても、違和感が出てくる作りっていうものはもう、どうなんだろう。
まぁ、新田のカラオケシーンとか、旭淳平(大泉洋)や水野飛鳥(仲里依紗)も面白いので観ていきたいです。
さらに、警部補、桐原由貴(吹石一恵)がもう少し絡んで欲しいですね♪

TOP