SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

ハングリー! 第3話(感想)

「裏切り者が!大女優が!」

実は、今まで少し我慢してみていたんだけど、今回でそんな気持ちもどこかへ行ってしまったようです。
ようやく動き出してきたようで、納得の第3話ですね。

やっぱり、橘まりあ(国仲涼子)はなんだかんだいっても、
最後は、絶対、山手英介(向井理)に戻ってくるというのが、嬉しくなる話で、一番映える話なんでしょうけど・・
ちらっと、そんな国仲さん横顔を見ていると、確信してしまわないわけにはいかないところでした。
英介っていうだな~それにしも。。(笑)
まりあはさすがにないと思うけど、いい名前ではあるし、国仲さんに似合ってますね。

いったん引いたと思わせて、後からっていうのがやっぱり、本命だと思うので、恋焦がれる、大楠千絵(瀧本美織)は、
そのままということになってしまうかも。
少しは二人が接近したとしも、ちょっとやそっとでは、壊れない絆が山手英介とまりあの間にはあるに決まっているってことですね。

はやくもわかった風なことを書いてしまったけれど、
今回の話もさすがにという女優さん(かたせ梨乃)の演技が光っていたし、
ほとんどいうことなしに面白くなってきたようです。

そして、接客担当の拓(三浦翔平)もいいかんじだったし、
どうなることかと思っていたけど、すんなりドラマの中へストライクど真ん中に入ってきたかんじはよかったな~

この人よく知らないんだけど、好感度は今回ドラマとあわせて急浮上してしまいました。

母の味を求めて訪れたエピソードは物語のベースであったけれど、
母の味にはほど遠い他の料理を指摘するところや、
母を知る昔馴染みなおせっかいおばさんっというところもよかったです。
しっかりレシピのことも伝えて、十分なエピソードだったのは、納得するばかりだったけど、
うまく笑おうとしている、向井さんの演技も楽しめたし、
うまいな~ってもんだけど、それぞれ回りの仲間達や、仕入先の大楠千絵(瀧本美織)もいいかんじになってきましたね。
吾郎ちゃんのところが、これからってことでしょうけど、
影がうすくなってしまわないというか、悪役なのでしょうかね。


ハングリー、録画を試聴し終わったら、テレビ画面になって、、
アニメに笑ってしまったけど、
キルミーベイベー」おもしろ~い♪

しかし、深夜帯、アニメが多いな~