Spring Star★

気ままなドラマ感想

妄想捜査 第1話(感想)

感想を書く意味があるかどうか、それをまず考えてしまうけど、
妄想捜査は、ちょっと、
書くだけ時間の無駄だかな~というか、つまらないと思う人が多いかもしれません。

でもよくよく考えてみたら、
どこから来てどこへ向かうのかという根底部分がしっかり描かれていないわかりにくさは、差っぴいてしまうと、
意外とへんな面白みがあるかんじでした。

ともかく、この人、桜庭ななみさんの役どころの
ダンボールハウスを建てて生活しているって・・、
ホームレス女子大生・神野仁美が、ちょっと(いや、、大分)気になってしまったけど、

ダンボールを組み立てて、校舎のすぐそばに住んでいるっていうのが、、なんかつぼるし、
、髪を学校の水道で堂々と普通に洗っていたりとかしちゃったり、
ダンボールハウスの利点を語って「学校には近いし、意外と便利」とか、
ハウスの中の雑草(クローバー)をお味噌汁の具にちょっちょんと引っこ抜いて入れ、桑潟幸一(佐藤隆太)に差し出したりとか、
そんな奇抜なおもしろさはもう、大好物。


さらに、桑潟幸一(佐藤隆太)とコンビを組むことになっていくわけだけども、
神野仁美(桜庭ななみ)は、なんと、、
何気に桑潟幸一の心を読めちゃうんですよね~どうしてなのか・・・。

そんな桑潟幸一とのおもしろ台詞っていうのも、ちょっと、いいかんじでした。

この設定は、しかし、気がかりっていえば気がかりだけど・・、
これは、原作にあるのかどうかってかんじ。。

そんなわけで、
設定が雑だったり、ばたばたしていたりと、ストーリーはぜんぜん、
感動するという話でもなく、どたばたしていた方が多かったとしても、
キャラとか雰囲気で魅せるドラマっていうかんじでしょうか~
倉科カナさんが出ていることも、けっこうおもしろかったし、
桑潟幸一(佐藤隆太)のどたばた感もまぁ~いいかんじに、みえました。
 


ちらっと運命の方も観た。
やはり、ってかんじがありありだった。
大義名分をボーンっと前面に押し出したような、
重厚さありありの絵柄は、見透かされすぎるし、
後は、つまるところよくあるお話になちゃうということでしょうね。

どうも作りは、前作と似ているみたいで、、
結果的に落ち着く話しで終結してしまうってかんじだし、(タロ、ジロ)
というか、見え見えすぎです。

そんなドラマがどうも、
私的に主だったキャストを嫌いになる要因にしてしまうよう。
なんかくさい演技に見えてしまう・・。
中途半端な重厚さというものがなんかうそっぽくなっちゃうばかりです。

このドラマでは普通に演技している方が、うそっぽさはなくなるというものでしょう。

そんな理由からこのドラマは観ないけど、
そんな全然観ていないとしも、観るとわかるものがありますね。

ちなみに、裏ドラマも、、ちょっとひどいの一言でした。
悪いイメージはキャストにも響いてしまうって怖い面はあります。

TOP