SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

『もう誘拐なんてしない』感想

HP ☆新春スペシャルドラマ 『もう誘拐なんてしない』 
2012年1月3日(火)(フジテレビ)21時~
ヒロイン … 新垣結衣   主演 … 大野智


絵里香(新垣結衣)が妹の病を思う気持ちから自らを狂言誘拐する計画を思いついたけれど、そんな大胆さがもう少し出ていたらよかったのにというところがやはり物足りなかったかな。

やはり大胆なことをしてしまう性格は破天荒ぶりがいいと思うので、(特にこうしたコミカルにとっては)絵里香がささくれた性格で、後からほろっとさせられるという内容を期待したかったというかんじもしなくはないけど、
まぁ、豪華なキャストでのどたばたなおもしろさもふんだんにあったことは、地味で巧みなトリックをおいておいても楽しめたSPドラマでした。

全体的にも二人(ヒロインと主人公)の背景というものが浅かったようで、流れがいま一つ、つかめないかんじもして、説得力に欠けていたことは、ちょい致命的だったのかもしれませんね。

山部(成宮寛貴)の仕組んだ一連のトリックを、絵里香が見破るわけだけど、
甲本(佐藤隆太)と山部(成宮寛貴)との繋がりを見破るところは特に、絵里香の性格を表す大きいポイントとも重なっていたので、ちょっと絵里香の背景が薄かったことでさらに入り込めなかったかんじでした。
やっぱここ、山場の盛り上がりと言うものが損なわれたかもしれません。

山部(成宮寛貴)が長女の皐月(貫地谷しほり)を慕う気持ちや、
父親(北大路欣也)が娘を思う気持ちが、くすぐられる要素だった事の方が主役の思いよりも勝るかんじになってしまったようだけど、
花園親分(北大路欣也)がくだけていたり、長女の皐月を中心としたエピソードが下町情緒あふれる内容だったことは、やはり王道路線たっぷりでゆったりと見ていられる内容になっていたのが本筋だったのかもしれないですね~

皐月(貫地谷しほり)と張り合っていた刑事(山口紗弥加)との昔話は、なんともおもしろかったわけだけど、もう、こんな山口さんと貫地谷さんがみれるだけでうきうきしてしまったりして、もういうことなしにツボを刺激されてしまったけど、さらに、
おちょこちょいな甲本(佐藤隆太)だとか、昔気質な親分(高橋克美)なんて出てしまったりしたら、もうそれだけでつぼるというもんです。

そんなわけで地味かなとも思えるほどのヒロイン、主人公に、もう少しあばれてほしかったわけなんですよね~
このキャストぶりに、どたばたぶりで、
主人公、ヒロインが萎縮してしまったとも取れるかもしれないけど、
なんかそんなかんじになってしまったのは残念なところだったかな~
それにしても、何だこれ~

HPを覗いてみるとすごい豪華であるし、SPものでこの豪華なホームページというのもびっくりするわけですが、、
あの子分が高嶋さんだったのかとか、今頃気がつくこともあったりして、正月らしいごたごたな軽快さとユーモラスさに、ひねったトリックも入っていたりして、ちょい要さんの役どころが「僕とスターの99日間」あたりから気になる展開なれど、まぁ豪華なメンバーでのハチャメチャ感ある面白さは言うこと無しでした。
なんであれまぁ、嵐テイストだったのかもガッキー♪

TOP