SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

金曜プレステージ 医療捜査官財前一二三2 感想

遺体解剖後に消された病理医!?4年前の事件が呼び起こす歪んだ愛の殺人連鎖…闇に潰された再捜査が示す悲しい絆と復讐の鬼」

保険金というと、NHKのラストマネーの高島さんを思いだすけれど、厚みのある演技は魅了されるし、今までに見た中でも真骨頂のようなかんじがしていて、なんか気になる人になってきたわけですが、そんな中でのこのドラマは、みないわけにはいかないというものでした。
今回刑事役ということで、役柄が反対になるわけですね。
SP、2作目というわけらしいけど、評判がいいらしいということだけあってヒロインの財前一二三(高島礼子)にはいっきにやはり、魅了されてしまったし、
もういうことないドラマでした。
これからもSP3、4~と連続ドラマとして楽しみにしていきたいドラマになってますね。

一二三を取り巻く二人・・、
五十嵐鞘次郎(西村雅彦)と瀬戸課長(北村総一朗)も個性的というかそれぞれに人柄がにじみ出ているし、愛くるしいキャラクターになっていることは、おもしろくて、掛け合いも最高でいうことなかったです。

ちょっと内容にふれると、
2時間ということで、いろいろとコンガラカル内容にはなっていたけど、
わかりづらさはやはりあったのはしかたないところだったようです。

4年前の冤罪事件の発覚を恐れて、西田眞弓(伊藤かずえ)が手先となって動いたということだったけど、
二件の事件に関わっていて、いくらなんでもちょっとここはひっかかるけど、
愛人ということから冤罪隠しに手を貸し、結果的に二件の事件をも守りとおすという背景がちょっとやはり強引な展開にみえてしまったところでしたね。
一二三によって冤罪である物的証拠があがったけど、
剣道部とか、「無能であってはならない」といった、感情に流されていた
ところはあまり好きではない展開だったけど、
ちょっと強引すぎる展開なようにも思えて、やはりすっきりとは喜べない部分でした。

冤罪事件にさらに臓器移植という事柄が絡んでいて、
ここらへんがちょっとやはり強引だったようです。

まぁそんな内容はともかく、しっかりとした推理劇になっていたし、
やはり刑事物の必要不可欠というべき人柄で魅せるという点はもう、言うことなしにおもしろいところで、一二三はもとより、愛すべき男二人もよかったのも事実でほんと大満足でした。

一二三がおちゃめな五十嵐鞘次郎(西村雅彦)をあごで使うところもいいし、「やるじゃない」と褒めてから、・・「たまには。」
とつっけんどんに付け足すところは、、笑ってしまう。

ともかくこの一二三キャラがいいわけだけど、医師免許を持つ刑事、医療捜査官ということもあって、
いあゆる刑事らしさがなく家庭的で、大らかなところがいいし、そこから来る聞き込みも自然にあれこれ展開してくるという流れを見ていると、刑事とはこうあるべきだと、刑事像が変わるんではないか?なんて思たりしてしまうほどの魅力がありました。

一方の五十嵐デカも、魅力的で、自惚れ屋だったり、しゃべる言葉が一つ一つおもしろいというか、なんともやはり愛すべきキャラクターになっていましたね。
そんなわけで、五十嵐、一二三の活躍が楽しめたわけだけど、
昼行灯なようでそうでもないような瀬戸課長(北村総一朗)も外せない魅了あるキャラクターになっていたことも付け足さないわけにはいかないですね。

2時間では長すぎるのでコンパクトにして、わかりやすくしたら、
けっこうおもしろいドラマになるはずですよね~
これからに期待してます♪

TOP