Spring Star★

ドラマの感想を書いてます。


F組1位通過のイタリアにフルセットで負けたのはほんと悔しい。

しかし、力があるのなら・・第二次ラウンドセルビアの精鋭温存が不可解になってしまうわけですが、プロレスバレーなの?とか、スポーツだと思ったらいつの間に、(もう思われてるかもだけど)興行なの?ってなってしまった感すらありますよね。名セッター中田さんだけにこんなことでいいのでしょうか。。ジャニーズが出てくるサッカー、テニスやフィギュアスケートなんてないでしょ。国歌斉唱する試合であることは国民を侮辱していることにもなりかねない・・。 <問題は第二次ラウンドでセルビアの精鋭温存はなぜ起きたかです。>
「耕運機は(バレーは)、動けば(勝てば)いいんですよ」(古舘伊知郎)(下町ロケットより)ってことですか?(笑)
もう、スポーツじゃないのかもね~。

HUNTER ~その女たち、賞金稼ぎ~ 最終回 (感想)

「真犯人に反撃…日本中が目撃最後の戦い」

こうも魅了してくるとは思わなかったけれど、大満足な最終回だった。
「空気」、、怖いな~ということで、見えない敵といってもいいそんな怖さがあることも引き付けられたけれど、永遠になくなりそうもない事柄だったことは、さらに怖い話しでした。

「こっちは命がけで戦っているんだから、、」と井坂黎(米倉涼子)がネットでの圧力に対して吐いた言葉は印象的で、先生のこともあり、じーんと来る場面だったけど、
決意を新たにしてのぞんでいくラストまでは、画面に釘付けにされてしまったほどに圧巻でした。

これを見るとみないとでは、このドラマのいいところを逃したということになるわけだけど、まさしく最終回という内容にふさわしい盛り上がりをみせていましたね。

真相はというと、真犯人は、天下り先のパイプ役だったことから、
自分達に不利になると、勝手に証拠品をでっちあげたりして、茜(山口紗弥加)を犯人にしたてた経緯など、腐りきっているとしかいいようがないところだったけど、
寺島吾郎(小泉孝太郎)が前に、問いただしたときに言っていた言葉が、「一課で動いているんだ。」という内容で、
まさに「空気」を意味していたということだったとは、、まさに闇をみるかのようで、黎(米倉涼子)たちの戦いぶりがわかるというべきところでもありますね。

犯人に仕立てられた茜(山口紗弥加)が、崖から飛び降りろと追い詰められたけど、権藤(谷原章介)が決死で阻止し、少しは前回のことを学習していたようで、ほんとここらへんも、はらはらさせられるばかりでした。

権藤(谷原章介)と寺島吾郎(小泉孝太郎)がいっしょに立ち向かっていくけれど、悪に立ち向かう姿勢に、ブレが終始ない様もいいし、お互いを認め合うような仲になっていったところもよかったところだった。

一連のことは、茜が姉を心配していたことがほったんだったけど、
井坂黎(米倉涼子)が犯人の顔を思いだすところがあるのかな~と疑問ししていたら、ちゃんと入れてくるところはほっとしたというか、やっぱ思い出すのかと、一度みた顔は忘れないという能力のすごさに関心するばかりでしたね。

いつになくまともに感想を書いてしまっていることからも、最終回のよかったことがわかるけど、ほんと大満足いく最終回でした。

茜の子ども春(川島鈴遥)ちゃんもかわいらしかったし、小料理屋“春夏冬”に戻った茜もういういしかったけど、いい雰囲気で集まるバウンティ・ハンター仲間もこころ和むシーンだったな~
権藤さんも来ればよかったのにと、、
そこがやはり気になる最終回だったかもしれませんね。
先生のあそこは、花道だったのかなぁ~?
やはり、茜、山口紗弥加がかわいらしかった♪

TOP