読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

謎解きはディナーのあとで 第9話 (感想)

「聖夜に死者からの伝言をどうぞ」

話が2話にまたがるとは、次回が最終回ならしょうがないというところだけど、
影山とあろうものがまさかなミスをするとは、なぞときは当っていなかったというわけなのかな~
まぁしかし、このドラマ、推理劇で見せるドラマでもないと思っているので、
ちょっと推理ぽいドラマにしてくるのは、オカト違いなんだけど、どうしちゃったことか、2話まで延ばすほどの内容なんでしょうね。

毎回重箱の隅を突っついて出来上がってしまうわけだけど、(笑)
今回はまたそんなあれこれで丸め込んでくる展開だと思うので、あれこれ考えても太刀打ちできないのも明白。

事件を本筋にしてゆく展開は好きではないけれど、
もう少し影山(櫻井翔)と麗子(北川景子)の掛け合いを増やして笑わせることが、
このドラマの醍醐味、メインなので、悪あがきしてきたな~という見解です。事件で延ばすしか、でも、ないのも事実。

無難な犯人像はというと、もう、2人確定しているわけだけど、
高橋ひとみさんが出ていることもあり、犯人の一人目は確定だし、
後、編集者、佐藤武雄の石黒賢さんも十分、考えられるわけですね。
二人というのは、つまりあえてわからないように、したんでしょう。

ここで一般的ななぞ解きをしてみると、
影山の推理は、あのトロフィーが投げられるかどうかという点から出発してのことなので、
そもそも違うのかもしれません。
投げたのは、男だとしたら、まだここからは犯人像はみえないな~

しかも、佐藤武雄(石黒賢)は犯行時刻に家政婦(青木和代)と買い出しに行っていたというし。。
ならば天道が犯人確定だけれど、それは簡単すぎるので、この買出し事態があっているのかなぁ~と、そもそもがおかしさがありますね。

犯行時刻を考えると、
影山の推理どうりならば、天道静子(高橋ひとみ)と宮地沙織(三浦理恵子)のアリバイが臭いわけだけど、なんらかの事柄がこの二人の間にあって、結果的に宮地は口封じに、、ということなのかも。

今回、あれこれ入れ込んできたわけだけど、影山のことは、あの晩、あそこで何かしていたことは事実で、
何かを落としたのも事実、だた宮地の前でナイフを持っていたのは、落ちていたとかなんでしょうかね~
もう、まったく、影山が犯人であるわけないけど、あ、そうそう、誰かをかばってるとか?もありでしょうね。
(どちらにせよ、やっぱ天道先生というかんじは濃厚。)

あ、ついついへたな推理をしてしまったけれど、まぁ~影山対麗子(北川景子)もおもしろかったし、なんであれ、楽しめたことはよかったところでした。

どうも影山が今回キーを握っているように見えるけど、推理マニアぽいし、なんていってもなぞを解く力は抜き出ていますから、ただものではないことと、あのトロフィーも持っている?らしいことは関係あるのかな~とか、やはりちょっと推理してみたくなる感想になってしまう・・。

影山、クリスマスケーキとバースデイケーキトークで盛り上がっていたけど、、
まさか。。