SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

★5/26中田監督の会見があったようですね。伝説のチームにしていきたい・・も良かった。やるべき課題も見えているようで一安心。

HUNTER 第7話 (感想)

HUNTER~その女たち、賞金稼ぎ~「愛娘を殺された父の涙…絶望が生んだ悲劇」

事件には、被害者、加害者がいて、さらに傍観者がいると言う井坂黎(米倉涼子)の言葉が示しているように、
それぞれの事柄が描かれていた今回だったけれど、
賞金稼ぎばかりでなく、事件に関わってゆく中で思い知らされた事柄を描くというのもなるほどと、、思うところでよかったです。

今回、どさくさ紛れに犯人がひょこり表れてしまったけど、
いつも関わる事件の犯人が逮捕されるのもふに落ちないかんじが残るけれど、(電話番号知ってたとか?)
権藤(谷原章介)がまさか加害者家族の娘さんを以前から見守っていたという、ちょっとくすぐられるエピソードがあったのは以外だったなぁ~

そういえばもう7話か、、というかんじの権藤殉職かと思わせるよう内容でしたが、
ここらへんでこんな展開を持ってきたのもなるほどと思うわけだけど、
被害者家族ということで、ちょっと手加減をしていたことが、
こんなことになってしまったというシーンがあったら盛り上がれたはずで、
つめが甘いというかんじの物足りなさが気になるところでもありました。

加害者の娘さんには何も責任がないのに、同級生にばれてしまったけれど、
ネット上に書き込みをしたのは、被害者父の仕業というのは、
いくらなんでも容認できないことで、娘にあたるというのはいくらなんでもひどい。(確かここ父の仕業だったと思うけど。。)

さて、次回妹のことが描かれてくるみたいですが、
事件に巻き込まれていることは確かであるし、
妹救出といったかんじになってくるんでしょうけど、
8話で描くのは早いかんじですね。