読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

謎解きはディナーのあとで 第6話 (感想)

「綺麗な薔薇には殺意がございます」
前回の事件の真相が人情味にあふれていたことに比べると、
今回は単純なストーリーだったので、感動があまりなかったです。
その代わりにといってはあれですが、お化け騒動を持ってきたというわけなんでしょうけど、
そちらも大してどうということもなく、こうも回によって変動があるのは困るというものですね。

藤倉家のバラ園で起きた事件のなぞ解きにも引き付けられなかったし、藤倉家のエピソードにも困惑するほど興味がわかなかった。

今回やはりイマイチ?かなと思わせる、お嬢様麗子(北川景子)と影山(櫻井翔)とのシーンでもあったみたいで、おもしろさに欠けていたことは、間違いないと思うけど、
ネタが切れたのかなと思うほどで6話にしてこれではこの先期待していいものか、心配になるというもんです。

影山がお嬢様を見守るシーンも、こう毎回同じような設定だと、
あきてくるし、やっつけ仕事に見えてきてしまうし、新鮮味がわかなくなるのも事実。
原作の世界観をそのままドラマにあてはめるにも、限度があるということなのかな。。
どうも、おもしろみを損ねたドラマ化のような気がしてきてしまう。

最後に影山の教訓は、よかったけれども、
思い過ごしで決めつけることなく、いつも受け入れる姿勢が大切ということでしたね。
この辺は毎回けっこう悟らされるばかりで、為になるところだけど、
けっこう悟るところであるのがおやおやですね。