Spring Star★

気ままなドラマ感想

蝶々さん~最後の武士の娘~(前編)

見てよかったと・・、
言える蝶々さんでした。

今までのNHK名ドラマの数々の中に、また一つ新たなドラマが仲間入りしたと言うと大げさでしょうけど、
私的には、
宇津井 健 さん「三大仇討ち」・・、と同時限でした。

へんに感想を書くことはドラマの世界を壊すことになりそうなので、
感想はやめとこうと思うし、
それほどまでにこの世界観を表現するのは、無理なのでやめときたいけれど、
ちょこっとでも書かないわけにはいかないところですね。


やはり、他のドラマと違うことは一目瞭然で、普段とは違うそれぞれの役者さんをみても引き込まれるし、一歩踏み込んだ演技なのでしょうけど、
なんといっても宮崎あおいさんの迫真の演技と研ぎ澄まされた空気は、篤姫のそれとは違っていることも光るところでした。

他の役者さんもいったい誰だろうと思うほどな人ばかりで、
役作りのなせるところということなんでしょうけど、
こう見ていると普段のドラマというものがうすっぺらくて、
困惑ですね。
(月9は、もはやドラマでなく、バラエティーみたいな物)


あおいさんの演技については、
役づくりというよりも、その人になり切るというかんじで、
いわゆるドラマと一線を引きたいところもわかるし、
監督をも選ぶ粋にいる役者さんなところも引きつけられるので、
あおいワールドに浸ることができるかなぁ~というところがこのドラマの醍醐味なんでしょうか・・。


武士としての懐刀のシーンは、迫真でした。

TOP