SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

★5/26中田監督の会見があったようですね。伝説のチームにしていきたい・・も良かった。やるべき課題も見えているようで一安心。

家政婦のミタ 第5話 (感想)

「全部脱いで!…承知しました」
視聴率今期クール最高(22.5%)をマークしたそうだけれど、
5話は下がると予想しただけに、小さな喜び。。やった~♪


今回、長男、翔(中川大志)の回というところでしたが、
家庭崩壊な荒れる阿須田家を背景に長男の家族愛を描きたかったということで、
ちょいミタさんのエロネタを入れるところは、計算高いこのドラマなかんじです。
ミタ(松嶋菜々子)さんが脱ぐというだけで、、こうも上がったのか、、?
それはわからないけれど、しっかりと足がついていて見せるこのドラマは格がちょっと違う気もしますね。


このドラマ、長谷川博己さんのだめだめ父親ぶりをみるだけで
おもしろいので、だめであればあるほど、つぼに嵌ってしまうところ。
鈴木先生でも、生徒の視線を気にしてびくびくしているところがおもしろかったけど、
そんな長谷川さんのユーモラスさに着目して描かれたのがこのドラマだと思っていて、
だめぶりばんざ~いというべきドラマなところは、そうそう受け入れられないはずなので、
高視聴率を維持というのは、やっぱり松嶋菜々子ありきなのでしょうかね?


父親の恵一の父性はまだ未熟であり、父性をこれから身に付けてゆく過程のストーリーととれるけれど、
そこを本音でただ、無防備にもさらけ出してしまった「長谷川さん」が微笑ましくて、
父親恵一奮戦記だと信じてます。
異次元で真理なミタさんVSリアルそのまま長谷川さんの組み合わせのなせる業というか。。。そんなかんじかも。


ドラマの内容については、
見ないわけにいかない内容だったことがやはりありますが、
こうも簡単にということでもないだろうし、しっかりとした土台がなせる業だと思えてならないですね。
子どもたちの揺れる気持ちが描かれて、大人達が見守るという構図に、
ミタさんの長男、翔(中川大志)の気持ちを汲む「家族を守りたい。」は、
ちょっと母親代りになってきているかんじもしてきたところでした。
父性を持ち合わせない恵一の隠し立てのないピュアな本音と、
多かれ少なかれ阿須田家を見守ることになるミタさんのユーモラスさは、
やはり引き付けられる要因がしかりあることは間違いないかんじです。