SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

★5/26中田監督の会見があったようですね。伝説のチームにしていきたい・・も良かった。やるべき課題も見えているようで一安心。

11人もいる! 第3話 (感想)

名取裕子vs我家のスター」

子ども達の話は、才悟(加藤清史郎)と一男(神木隆之介)の事ぐらいかと思われたので、
次女の三子(金井美樹)のことまで描かれるとは思わなかったけれど、
それぞれまぁ~描がかれていくんでしょうか。

次女が三子で、長女が二子というのは、、まぁ~いいかぁ~としても、
前回の高校生長女・二子(有村架純)の賢いさにはやられてしまったし、
今回の次女の三子(金井美樹)にも魅了されてしまって、
こういうほのぼのとしたお話はコミカル系のこのドラマとは別にして、
また他のドラマ枠(朝ドラとか)としてじっくりみたいところでした。


このドラマは、どうもコミカルとシリアスさが同居しているので、
シリアスな部分だけ抽出して拡大して伸して見せて欲しいという気がします。

もちろん、コミカル部分もシリアスさもいうことないわけですが・・。


次女の三子がミスコンに出場することになってからの、
母、恵(光浦靖子)がしっかりと三子の良い面や悪い面に向きあい指摘してゆく様子や、
三子の本音のまとまったお金がほしいという動機から、
演技でのボーと緊張していたのかもしれないけど、
なんともな親が違うというテーマな表情だったここは、そのままその世界へ飛んでいける内容だったし、
もう、ここは三子役の金井美樹ちゃんにちょっと惚れてしまうくらいでした。
しかし、みんないいですね~


ちょっと名取裕子さんが出てきたのは驚いたけれど、
ギャグをしっかり詰め込まれるのもおもしろしく、
それをやってのける名取さんというのも面白くて、テレ朝系ギャクや、最後に写真なくだりとか、
もういうことなしでした。

このドラマは毎回見るたびにどんどん引き込まれてしまい、
ソアラ野村麻純)ちゃんも、ういういしいし、一男とのことも気になるし、
おっぱいネタを封印する気配のなさや、
そこらじゅうに散りばめられたギャグはとてもおもしろくていうことなしですね。