SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

★5/26中田監督の会見があったようですね。伝説のチームにしていきたい・・も良かった。やるべき課題も見えているようで一安心。

勇者ヨシヒコと魔王の城 第8話 感想

勇者ヨシヒコと魔王の城 第8話 「転職します」

軽い感想です。
今回はちょっとアイドルに転職したというよりも、やらされてる感がまたいいという割れたチョコレートか~みたいなかんじがしてたけど、、順応していて感化されたヨシヒコののりのり感はもはや、なんともであるし、おっぱいネタ同様に盛り上がれないものがありました。
おっぱいネタに関しては、仏ビームも効かなかったというよりも、ヨシヒコの自然治癒力ということなんでしょうけど、なかなかのきもさというかおもしろいというか、微妙なかんじではありました。。
子鹿のヨチヨチ歩きの方がもっとおもしろいのに、、仏ビーム倍で今度はでしょうね。
さらに、AKB48ネタを持ってくるあたりはおもしろかったけれども、アイドルというものの見方からしておかしい見方をしめしていることは、的外れなぐだぐださというかアイドルをなめているというかんじで、、全体的にいまいちなかんじがしてならないところでした。
今回そんなわけであまり面白みがなかったわけで、前座の笑いの総本山的クオリティさでの低レベルな言い争いというのもうざすぎて残念だったし、どうでもいいってなくらいなんだけど、、ムラサキの帰り際の奥さん!というところは♪、つぼってしまうというかムラサキばんざ~い!というかんじでした・・。
ムラサキぶりが今回そんなわけで随所にみられたことはよかったところですね~

ほんとムラサキ大活躍というかんじの今回、井戸にさりげなく見てきた(笑)という話もなんだかなれどもおもしろいし、どちらかというとアイドルはムラサキがお似合いだったんでしょうけど、、突っ込み役として十分発揮されている回であったことはうれしい限りでした。
さらに「渡り廊下、走りたい」をモジッた、「渡り廊下を壊したい・・。」でなく、渡り廊下DE妖怪倒したい・・というのもこのドラマらしくて爆笑でしたね~

ドラマ的に最後にどうなるのか、まとめられるのかというぎりぎりで毎回ヨシヒコが立ち直りの早さもおもしろいところといえばところであるし、仏が最後に表れて、まとめるということでもメリハリが出ていいかんじです。

仏が怒る「ヨシヒコてめ~○○。。」には、何度聞いてもつぼる~~。

~番外編~

ムラサキは、素人むすめとかいってましたが、素人といえば。。AKBらしさということで、今度AKB48について語ってみたい~
けれども、、割れたチョコは、素人のくせに営業スマイルしてというのは、致命的でしたね。
いや、AKBと同じ枠で語ってしまうのも失礼なんですが。。

しかしAKBは西のヨシヒコでなく吉本、東のジャニーズに続く、ジャニーズ女子版というかんじにこれからなるのではと思ったりしてます。
女子の踊って歌ってという集団はないんですよね~秋本先生の先見したたかさ?

一口にジャニーズ女子版ということでないし、語りつくせない深さがあるわけですが、その素人さプロさ、やらされてる感。。全部がAKB48ということはいえるでしょうか。
ともかく光るものがあるし、何かがないと光ることはできないのも事実です。
ちょい火がついてしまいました。。