SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

★5/26中田監督の会見があったようですね。伝説のチームにしていきたい・・も良かった。やるべき課題も見えているようで一安心。

胡桃の部屋 第5話 (感想)

胡桃の部屋 第5話 (感想)  裏切り

胡桃の部屋というのがこういうことだったとは、しるよしもなかったけれども、主人公ぽいかんじもあったし、胡桃の空いている隙間のことを示していたというのもおもしろいところでした。
三田村桃子(松下奈緒)や三田村綾乃(竹下景子)らしさが漂うこのドラマになんとなく、愛着もあるし昭和テイストあふれる展開がみのがせないところです。
父、三田村忠(蟹江敬三)が失踪先-恩田節子(西田尚美)とのあれこれや、らしさがただようのもいいところで事の結末がなかなか見えないし、
綾乃がいうように待つだけな日々がようやく落ち着くという展開は、ほっと
するところでした。なんとなく最終話ぽいかんじがしてたけど。。
清水咲良(井川遥)の夫婦のことやら三田村陽子(臼田あさ美)、三田村研太郎(瀬戸康史)のそれぞれのことやらもなんとなく、おもしろいしけれども、特に陽子役の臼井さんには鈴木先生以来、つぼってしまっているみたいで、かわいらしくて、微笑ましい陽子には恋でなくような展開はさけてほし~ところですね。
どことなく女の強さを示してきているわけですが、咲良の達位置はドラマとしてもいいし魅了されるかんじもありますね。
そして、三田村桃子(松下奈緒)の恋模様というのもいいし、
都築実(原田泰造)とのやりとりや、家庭を思う葛藤やら、桃子らしさもなんともなよさがありますね。桃子役を好演。。

今回の裏切りというのは、やはり、ラストの母と父のことを意味していると思いますが、桃子にしても見事な裏切りをみせる二人というのは、このドラマの一筋縄ではいかないというところなんでしょうし、軽く見ていると火傷するくらいなところは、やはりこのドラマらしさを意識してしまわずにいられないし、強さみたいなところが伝わるかんじです。
桃子にとってもこのことは、いままでの桃子ぶりを否定することでもあるので、これからどうなるのか次回が楽しみですね。