読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

絶対零度 第7話 (感想)

絶対零度 第7話 (感想)
そろそろ確信へと向かう前のワンクッションというところなのでしょうけど、(まぁ~いままでになく、わかりやすかったのでUPなのだが、、。)
ともかく、次回、、あの堀内敬子さんが出るみたいだし、つぼりまくりな人なので犯人役だとしてもしびれるし、だいぶトラウマな亀みたいだけど、昨日のサラリーマンネオはつぼりまくってしまいました。
声のトーンもセクシーさがあるとは知らなかったというか、、ピストルを持たせた日には、もう次回国民的亀との対決は前代未聞、みたことないというかんじになるんでしょうかね~
(ちょっとまとまらなくても、まぁ~いいか。。)
ともかく、堀内敬子さんが主人公は、ありやなしやというよりもないことがおかしいくらいであるので、、まぁ~時間の問題なんでしょう。

で、つぼる今回は、高級住宅街に潜入ということで、亀-桜木泉(上戸彩)と教育担当信次郎(桐谷健太)の夫婦シーンが見れるというのはおもしろいところでした。

犯人は早確定していたものの、、ひねったというのが今回なんでしょうけど、ラストはちょっと涙な事情があるわけで、後味が悪い展開になってしまいました。
宝石店とグルだったという経緯はわかりやすくてよかったけれども、もう少しこのぐらいのわかりやすさがほしいところで。。
この町は、ただのお金だけというのも意味深げで、まとまったかんじでした・・・。

毎回亀が、あの敬子さんの回想シーンをするところが目から離れませんが、決着の日がそろそろ来るということなのでしょうし、危機的な状況に早、亀が陥いるという予告は、、つぼりまくりでしたね。堀内さんだったらやりかねないというか、、。
次回、8話で、
これからが本命というところでしょう。。しかし、病院へいくという信次郎(桐谷健太)がやはり、どうなるのか、ラストに向けてこちらも目が離せないし、もう、8話9話10話はどうなるのかわからない。。
亀バージョンの終止符ということはないというか零度の意味がわからないしタイトルもあれこれしてほしいところ。。