SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記


芦田師匠~~(^^♪

2011ワールドグランプリ女子バレー ロシア戦

2011ワールドグランプリ女子バレーボール ロシア戦

ロシア戦は3-0でストレート勝ちでした。
なんと、去年、世界選手権1位のロシア相手にストレート勝ちといきなりな試合内容をみせつけられた昨日でしたけど、(今年はじめてみたわけですが。。)
なんか化学変化をおこしているかんじを受けますね。
しかし、
ベストメンバーでなかったロシアということで、勝ってあたりまえだったようですが、ともかく決勝進出したことはよかったです。

メンバー

ちょっと第3試合あたりからみたんですが、、
メンバーを見てみると、ん~~かなり今回のロシア戦のメンバーは鉄壁な布陣という印象です。今回の主な選手はこんなかんじかな~

  1. 竹下佳江(セッター)
  2. 佐野優子リベロ
  3. 木村沙織 <東レ
  4. 石田瑞穂
  5. 山口舞
  6. 山本愛
  7. 荒木絵里香 <東レ
  8. 迫田さおり <東レ

つまり上から3人は不動なのですが、後の3人がどうなるかということが今の日本女子バレー界のポイントなわけで、どうもかなり石田が当っていたみたいで、(本命かもしれない。。)センターからのバックアタックはかなり有効でした。
(攻撃へのスピードは、ブラジルの男子なみという川合さんの解説。)
いや、誰が当っているのかとか全然わからなかったけれども、、勝因の一つは石田であることは間違いないし、なんかこんな女子バレーはいままでにみたことないみたいなかんじも受けたけれど、皆やることなすこと当っていたという印象ですね。
荒木はキャプテンとしても去年からほぼスタメンで、山口、山本もベテランだし、つまりこのメンバーは勝ちに来たメンバーと言えるようです。
他にも真鍋ジャパンには、まだまだ秘蔵っ子がいるみたいだし、、実は楽しみにしてはいるんですが、どうなんだろう~

去年は3位に入った歴史的な年でもありましたが、実力は備わっているし、後は雰囲気というか気力ということでもないし、プラスαなかんじなんですよね~
サッカー女子の見えないパワーもなんとなく浮遊していると思われるのでいままでの分までここで爆発してほしいところなのですが、やはり力が働いているような試合運びでした・・。
まぁ、相乗効果はありうるので、優勝をねらってほしいところですね~
去年活躍していた選手の姿がテレビの画面からは見れなかった。。
どうなっているのかわからなかったけれども、24人のメンバーに入っているみたいなのでよかった~~、井上香織栗原恵選手はやはり見たいところです。
なんといっても迫田さおり選手がみたかったけれども、どうも石田と交代したようですね。
いないのかと思ってしまっていたので、14人のメンバーからさらに、ベンチ入りの12人だし、スタメンぽいみたいだし、、うれしいかぎりです。
今期も東レ健在というところかな。

MEMO スポーツナビより

日本3-0ロシア(25-23 25-19 25-19)


【日本】


山口 荒木 木村
迫田 山本 竹下  L=佐野


(途中交代)

石田←迫田・・・第2セット最初から、試合終了まで
岩坂・・・第1セット、リリーフサーバー
狩野・・・第1セット、リリーフブロッカー
新鍋・・・1,2,3セット、リリーフサーバー~リリーフレシーバー

TOP