読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpringStar★

勝手気ままなTVドラマ感想日記

それでも、生きてゆく 第7話 感想

2011夏ドラマ

「心の闇について…」

文哉の心の闇の部分にけっこう時間をかけていて、、文哉の疑問点が少しはわかったことはよかったけれど、
現在も進行形ということで、双葉がいっていたとうりぜんぜん反省していないというか、直っていない文哉の下りは、、ただ衝撃的に描かれるばかりで、ただただ圧倒される7話というかんじでした。

7話ということでもラストに向けてそろそろなかんじは受けますが、文哉を悪者として描ききるかんじにみえるし、心の闇は今回描かれたような闇ということでそのままなのかもしれませんね。
そして、
相変わらずな疑問符をばら撒いているのも疲れるところですが、やはり、文哉は犯人としてまた逃走するということなでしょうか。

最終的には洋貴と一対一な場面はやはり、あるはずだと確信してますが、そこらへんがどう描かれるのか、またそのとき、若葉との恋もようやく動き出すということなんでしょうけど、そこらへんが早くみたいかんじでしょうがないところです。(たぶんあるはず。。)
今回、双葉と洋貴のことが響子に受け入れられたわけですし、あんなうれしそうな響子の顔もみたことないというかんじでした。

今回を振り返ってみて新たに思うことは、やはり、興味本位なシーンが多かったということと、
双葉の父親がこれでもかってくらいに打ちのめされるのは悲しいし、どんだけ悲劇を背負えばというくらいに悲劇を追求していくドラマなのかもしれないし、というよりも、ある意味悲劇を楽しんでいるともとれるんじゃないでしょうかね~
そうした趣味に走るというかんじが見受けられなくもないという疑問点が出てきたしまったようです。
看護師のこともどれほど幸うすいんだかというくらいであったし、このドラマがわかったような7話でした。たぶん・・・。