SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

それでも、生きてゆく 第6話 感想

★日テレ、フジテレビのドラマのホームページで放送後一週間無料視聴できます♪

「招かれざる客」

けっこう疑問府ばかりなドラマになっていて、それで見せているかんじがあるけれども、次がどうなるのと、
昼ドラぽいようなところはあまり好きではないかんじ。
つまり、そうなるとただの娯楽そのものになってしまうようなかんじなので。

今回、ちょっと見方がかわってくるところだけど、遠山双葉(満島ひかり)が母親が違うということからの文哉と一緒に行くという経緯もわかりづらいし、なんで文哉がらみの元看護師を探さなければならないのかとか、いままでの双葉のやり過ぎ感がやはりというかんじにみえてしまう。

文哉と双葉の再会の場面が長く描かれていたり、文哉にまつわる話がけっこう描かれていたことは、ちょっと意外なかんじでした。
海へ行ったり、動物園に行ったりとココらへんは意味があるようなところなのかもしれないけれど、よき兄ぶりというかんじで、母のふるさとで仕事を探して働きたいと思っていたりと、文哉の最近の様子を見せてきた回だったようですね。
預金通帳の下りはもはや、興味本位になっちゃいましたね。
文哉は、早く母親のふるさとにいって暮らしたいという思いがあったからか、、
そんなことはどうでもいいというかんじでした。

ことの真相を暴露させるために、その下りが用意されたというかんじで、見え見えすぎるようでもあり、
このシーンは文哉としても気持がある意味ほっとしたというかんじなのかもしれないけど、、
こう書いているとどうも文哉に肩入れしたくなっているのは、なんででしょうね。

藤村五月(倉科カナ)は被害者家族としての立場から深見洋貴(瑛太)に協力しているけれど、洋貴のことが好きというわけでもないようで、他にやはり目的があるかんじです。
五月の真意はまだわからないというかんじでやきもきさせるところです。(以前から4文字の言葉が離れないけど。。だとしたら流○・・とか。)

野本響子(大竹しのぶ)と遠山隆美(風吹ジュン)、三崎駿輔(時任三郎)が対面したところは、響子の生活の場に踏みこまれたといわんばかりなかんじだったけれど、たわいのない昔話をしたり、いつも見ているドラマのことを話したりとお客さんというかんじに振舞う響子の反対性というか、、ここはじりじりっと何かがせまってくるかんじで息苦しいところでした。
響子のその殺伐とした気持を汲み取りただひたすらに、下を向く駿輔(時任三郎)の気持がなんとも痛々しくて、、、
感極まった響子がたたかなかったのは、そのへんをみたからなんでしょうかね~

どうにも娘に対するやるせない気持と反対に、思わずにいられない加害者家族としての気持ちの葛藤をしめしてきたような場面でした。

TOP