SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記


芦田師匠~~(^^♪

ジウ 警視庁特殊犯捜査係 第2話(感想)

前回の思わせぶりな終わり方からして期待大だったところですが、ちょっと期待はずれな展開をみせたのはがっくりなかんじで、おもしろいにはおもしろいけど、厚みがあまりないというか主人公のキャラ立ちがいまひとつなようにも思えてどうなんだろうかってかんじです。

門倉美咲(多部未華子)と伊崎基子(黒木メイサ

前回主人公の背景がよーく描かれていたけれど、いま思うとちょっとキャラ立ちがいまいちで、なんか伊崎のほうがういてしまうかんじがあるようでもあり、、門倉の方が地に足がついているというかんじがしてきます。
前回との見解の差がではじめたところ。

前回の事件

ともかく、門倉美咲(多部未華子)が食事を差し入れて交渉するというところがこんな展開になたり、影が見えていたことで犯人が逆上するという展開からの伊崎基子(黒木メイサ)による犯人逮捕までの経緯が厚みがなくちょっと軽すぎたのは残念なところでした。

しかし、思っていたよりも、そっちを描くみたいなかんじは、興味本位なようでもあり、その要素で作られるであろうことを思うとちょっと引くところです。
影が犯人に見えてしまったという下りは、伊崎の影ではなく、同僚の勇み足からの失態というのは、おもしろいと思うところだったけれど、犯人に発砲した経緯を後でしめさなかった伊崎にはすっきりしないところでした。(確か説明はなかったと思うけど)

この先の展開

移動した二人だったわけですが、移動前の部署が居場所とばかり思っていたので、これからのことがわかりづらい展開でした。
しかし、題名のジウということでその事件に対する事柄がやはりメインになってくるということなのかな~

なぞの男(城田優

どうも警察が絡んでいるというあの店の主人らしい男がしめしていたのは、この人でしたね。
こんな役どころが多くなってきたみたいですが、荒川アンダーブリッジ、SPEC・・。
キャラ固まりすぎなところは気になるとしても、不気味な存在感はたっぷりに伊崎との関わりも今後みどころのようです。
あまり多くは描かれないほうが絵になるというかんじになってしまうのでしょうか。
そういう意味では、ドラマ的にちょっと残念なかんじですね。
ただ居ることで絵にしてきたり、見せ場としていくのは、伊崎にも多かれ少なかれそれが見受けられるし、軽いキャラになってしまうみたいです。

まとめ

ともかく、これからを期待したいところ。

TOP