SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

2017夏ドラマ

ウツボカズラの夢 第4話 感想 本命ウツボちゃんが登場?

まさかはるか(玄理)がやってくるとは思わなかったが、どっちがウツボカズラだかわからなくなってき4話。(笑)鹿島田家で着実に居場所を確保しつつあったのに激変してきた。 人に取り付く才能は残念ながら未芙由(志田未来)よりもはるかのが上みたいだけ…

下北沢ダイハード 第6話 感想

「未来から来た男」 スーパーコンピューター『mamazon』が、世の無駄をすべて排除し、平和で合理的な世界を築いていた2037年。ところが反発するものたち…通称“サブカルゲリラ”は、サブカルの聖地・下北沢を奪還するべく抵抗を続けていた。そこで『mamazon』…

ハロー張りネズミ 第7話 感想

橋本マナミさんらしいお色気内容となっていたことでも、見入ってしまったが・・南(リリー・フランキー)がヒッパタカレルシーンが面白かった。 いきなりビンタをくらってしまったけど・・。大概は南のようなスケベ男が多いはずなので、どうもしっくりしない…

セシルのもくろみ 第7話 感想 フェローニのモデル歴ないも同然?

やはり前回、超有名ブランド「フェローニ」のモデルも抜擢されたミヤジさんでもある。もう少しミヤジへの評価を上げなければならない気がするけど、ブレがまた増えたかなぁ~?まぁ、そこは置いておきます・・。(笑) (ここだけの話し・・)いまさらでもあ…

黒革の手帖 第6話 感想 シリアスからコメディーへ

元子(武井咲)が丸裸になってしまった今回。黒革の手帖も盗まれちゃったことでも、今までしてきたことまでバレバレになってしまった元子であった。やはり長谷川(伊東四朗)がラスポスであったか。(汗) 構図は単調で観やすいのだけど、偉くどん底に落とさ…

わにとかげぎす 第5話 感想 本田翼ちゃんシャワータイムに声が?

ドラマ的にはハラハラする展開になってきたけど、羽田(本田 翼)ちゃんと富岡(有田哲平)の二人のお話しがメインでもあるので、やはり二人の場面を増やしてもらいたいと思わざるおえなかったなぁ。雨川(吉村界人)と花林(賀来賢人)が吉岡(コムアイ)に…

過保護のカホコ 第7話 感想

今回のうけたポイントは・・ 正高(時任三郎)がカホコと電話しているときの「カホコ」と呼ぶ声。(回を増して来た感が感じられた。まぁ、あっちゃこっちゃでもあったが。) おでこボコン!なカホコ。(二回もサービスしてくれたことでも、高まる。w) イト…

コード・ブルー 第6話 感想

(チョコット感想) 今回は少しらしくなってきたかなぁ。 恋愛要素なんて緊急を要する医療ドラマに必要ないけど、なんで入れ込んだのか?前回の緋山(戸田恵梨香)は、完璧な恋愛ドラマとなっていたよね。ありえないレベルの内容だったと思う。今回、そんな…

僕たちがやりました 第6話 感想

(ちょこっと感想) 今回もなんだか同じように遊んでいるトビオ(窪田正孝)たちの場面ばかりでもあった。これといって真綿らしさがかんじられないのだが・・、蓮子(永野芽郁)の場面はとにかくやはり、目をそらしての視聴・・。(っていうかもう、次のドラ…

ごめん、愛してる 第6話 感想

ごめん、愛してるという台詞まで後ちょっというかんじの今回。 しかし、塔子(大西礼芳)の父親エピがやけに入れ込まれているかんじもするのだが、(事故を起こしたいだけってかんじしかない・・。)そうするとやはり、恒夫(中村梅雀)の立ち位置も、何かあ…

ウチの夫は仕事ができない 第7話 感想

今回はおぼんということでも、盆踊り大会を催すことになったツカポン(錦戸亮)。結果的に努力の甲斐あってなんとか盆踊り大会を成功させることが出来たが、やはり地道な努力が結果に繋がっていく様子はツカポンらしいなぁ~と納得。 ダメ元で頑張る姿は印象…

黒革の手帖 第5話 感想

今迄よりもかなりの政界のドン、長谷川庄治(伊東四朗)を相手にしていることでも・・元子(武井咲)の小娘らしさがちょこっと観え隠れしたためか・・暗躍ぶりが少々心配にもなってしまったかなぁ。(笑) あまり太々しいような悪者でも困るけど、まぁ、それ…

セシルのもくろみ 第6話 感想

新たなステージにミヤジ(真木よう子)たちが動き出して来た今回。どうもこのドラマはミヤジと沖田(伊藤歩)の物語ってかんじが強くなってきてるけど、今回超有名ブランド「フェローニ」のモデルに起用されることになったミヤジさん。 軽くチャンスを掴んで…

わにとかげぎす 第4話 感想

今回は吉岡(コムアイ)から金庫を奪ってくれと、頼まれた雨川(吉村界人)たちのお話しがメインになっていたことでも、富岡(有田哲平)と羽田(本田 翼)ちゃんの場面が少なかったのは残念であった。まぁ、少し残念であったのだけどね。(笑) まぁ、雨川…

過保護のカホコ 第6話 感想

調子乗ってる脚本家さんが目に浮かぶ今回。(笑)少々乗り過ぎなような気もするし、安直過ぎるような展開にも思えたから、とりあえず・・調子こいてんじゃね~。(笑)っと一発突っ込みを入れたい気分でもあった。(笑) はぁ~泉(黒木瞳)が岩戸に入り込ん…

僕たちがやりました 第5話 感想 ほぼリタイア

トビオがやりすぎ・・。(笑)ウツボカズラでさえ、、大変な問題になっているというのに、いったいこのドラマの過ぎるようなトビオって、よ~わからんというのがまずあると思うけどね。(笑)しかし、あれだよね~。そもそもが変なドラマだ。ちょっと破綻し…

ウツボカズラの夢 第1、2、3話 感想

コレ、意外と面白い♪初回を観てそう思ったわけだけど、2話を見損ねたりしたことでもついつい感想が遅れてしまった。(笑) とにかくウツボカズラしておる未芙由(志田未来)が巧妙でオモロイなぁ。(笑) 3話では尚子(大塚寧々)の娘、美緒(川島鈴遥)の…

ごめん、愛してる 第5話 感想

サトル(坂口健太郎)お坊ちゃまな展開・・律(長瀬智也)と抱き合ってる凜華(吉岡里帆)を観ちゃったことでも、とにかくお坊ちゃま目線がだだ漏れでもあったけど、ピアノを弾く母への思いもだだ漏れである律(長瀬智也)でもあった・・。そしてそれぞれの…

ハロー張りネズミ 第6話 感想

ちょっとばかり感想が手に付かなくなってきたけど、Twitterが面白いなぁ~。(笑) 感想を書いてはいるけど最近思うことは・・そこそこ面白いドラマだと、その内容を一旦全部受け入れちゃって、観たまんまだなぁ~となって、あまり感想もなくなってくること…

ウチの夫は仕事ができない 第6話 感想

仕事でも家庭でもケンカな今回。どうも温いのは変わらんかなぁ~としても、どちらもぬる~いケンカになってしまったとしも・・。ツカポン(錦戸亮)らしいケンカであったと思う。 土方(佐藤隆太)があえて鬼となって、ツカポンにしむけたことでも・・そこそ…

セシルのもくろみ 第5話 感想

ミヤジ(真木よう子)が人から観られることの喜びを意識し始めた前回。SNSでも注目されたいという欲も出てきたが、読モ騒動からの突然のクビ宣告を受けてしまった。 もう後がないミヤジたちであったが、なんとか次号に食い込ませたい沖田(伊藤歩)のもくろ…

黒革の手帖 第4話 感想

今回から登場したすみ江役の内藤理沙さんがやはりよかったなぁ。内藤さんというと河北麻友子さんのドラマ「白鳥麗子でございます!」でも出ていたのだが、哲也君の元恋人役をやっていて、いままでとは全くの別人になっていたことでも、ハッとさせれるものが…

過保護のカホコ 第5話 感想

カホコ(高畑充希)がとうとう泉(黒木瞳)に自分のことは自分でやると切れちゃた今回。それもこれもみんな麦野(竹内涼真)のおかげなのだけど、いつかは親離れ子離れをしなければいけないってことですね。 麦野君に過保護だと指摘されるカホコだったり・・…

僕たちがやりました 第4話 感想

ちょっと前回は面白くなってきたと思ったのだが、どうも飽きてきたかなぁ。(笑)同じことをしてることと、進展があまりにもない。まぁ、トビオ(窪田正孝)とマル(葉山奨之)の変化は観れたのだけど、ありきたりなのだよね~。あまり新鮮さがなくてどう・…

ウチの夫は仕事ができない 第5話 感想

大分観やすくなってきたけど、ブラックと認めた形になっていたか・・。(笑)あの部署は前々からやはりブラック企業のイメージであったが、どんどんそんなところをそり落としてきているのは、今頃かぁ~というものでもある。 褒めちゃったり・・飲みに行くか…

ブランケット・キャッツ 第6話、第7話(最終回)感想

ちょこっと感想。 たえ子(富田靖子)の旅の途中から子供達が登場してきたのだが、なんだかちょっと違和感であった。 クロの思い出は妻の陽子(酒井美紀)が亡くなった思い出でもあるので、たえ子のことが心配になっていくのもわかるのだが・・今一つ入り込…

下北沢ダイハード 第3話 感想

第3話『夫が女装する女』脚本:松井周、監督:スミス出演:麻生久美子 野間口徹 植木夏十 内川蓮生 上田遥 西田尚美 ほか。 やはり女装夫(野間口徹)に突っ込みを入れまくる麻生久美子さんがおもろかったなぁ。麻生さんの昨年放送されたNHK「奇跡の人」と同…

ハロー張りネズミ 第4話 感想 ひょうきんな霊媒師は無駄がない。(笑)

今回怖いやら面白いやら、とにかく時間がいつもより短く感じられてしまうほどだった。とにかく協力な助っ人が登場してきたけど・・河合(蒼井優)が霊媒師となって出てくるだけでなぜかワクワクしてしまった。どこから観ても霊媒師にしか観えん。蒼井優さん…

セシルのもくろみ 第4話 感想

低空飛行もなんのその~!!で、観ていきたいドラマとなってます。今回もそこそこいいかんじであったと思う。 キャットファイトやらとベタな場面も入れ込まれたけど、上を目指す上では「背徳行為」も仕方がない事と・・それだけ覚悟を決めてやってるのだとい…

黒革の手帖 第3話 感想

安島富夫(江口洋介)が元子(武井咲)に関わってきたが、富夫のエピソードも絡められていることでも・・今後この2人がくっつくのだろうなぁ~という感じが分かり過ぎてもいたみたい。そんな点が少々原作どうりに運ばなければならないという違和感が感じられ…

TOP