Spring Star★

ドラマの感想を書いてます。

★ちょっと中田ジャパンのことがやってたわけだけど・・そこで世界バレー女子14名を予想。リベロ2人は誰でもいいけど、セッター富永、佐藤さんで、荒木、長岡は健在だろうし、あとの8人はやはり黒後、石井、新鍋、古賀、 鍋谷、奥村、岩坂、島村とほぼ決まり切ってる感があるのが困りもの?
あ、これアジア競技大会とほぼ同じメンバーだけど、古賀でなくて野本になってるけど、まぁ、世界バレーもこんなかんじなんでしょうか♪
<テレビもろくに観てなくてもほぼ予想どうり。w>

「声ガール!」第2話 感想

f:id:vividlemon:20180408045728j:plain

物語があまりなかったような気がしたけど、声優のオーディションに励む真琴(福原遥)の様子が淡々と描かれていただけのようだったかなぁ。

第2話の感想

真琴(福原遥)たちは新しい寮で生活することになった。
喉にいいものばかりを集める面々に驚く真琴・・。
やがてオーディションを受けることになった真琴たちであったが、
真琴は落とされてばかりで次第に落ち込み始める。
そんなある日映画を観ようと仲間たちに誘われた真琴は、たまたま迷子の世話をすることになり・・なんとも引き込まれるほどの声パフォーマンスを発揮してしまったではあ~りませんか・・ってなかんじだったのだけど・・。(笑)

あの迷子の子をあやす様子にはかなり私も引き込まれてしまったのだけど、喜々となって観いってしまったのだけど、他の部分がちょっとばかり、可愛いの安売りを観らされているようでもあったかなぁ。
ストーリー性がとにかく欠けていて永遠と同じようなものを観ているようでもあり、福原遥さんの可愛らしさを拝めて最高~となるばかりであったんだよね。
物語がくっついている分・・反対にそれが邪魔となってしまってるように感じられるほど。
まぁ、可愛らしい福原さんをこれでもか~と言わんばかりに観れたことは大満足なのだけどね。そんなかんじが少ししましたね。

声優というと、私的に嵌っていることというと、、ここだけの話・・・(汗)
街の防災無線のあの、、、スピーカーから流れるお姉さんの声が好きなのだけど、(またまたコクッテる~。w)声優さんのお仕事も、つまりこういうことなんだろうね。

素敵な声って、勝手に人柄までも想像してしまうのだけど、声だけでウキウキしてしまって、ほんと声の魅力はその人そのものなのだと思いたい・・え?

多分そうなのだと思います。

なんだか最後はオーディションに合格したような真琴であったけど、なんであれ、ヒントを得たことでもあるからこれからに期待したいなぁ。

TOP