Spring Star★

ドラマ感想と楽天、アマゾンな日々(たまに女子バレー)

『Lily~日々のカケラ~』(石田ゆり子)届いた♪

f:id:vividlemon:20180211155106j:plain

『Lily~日々のカケラ~』が、、来たぁ~届いたぁ~♪

楽天ブックスから『Lily~日々のカケラ~』(石田ゆり子が届きました!♪
撮り下ろし写真もいいし、ゆり子さんの日々の思いが届いたってかんじ。
もはやバイブル・・読み終わっても、古本になんか出せない...。

(リサイクルの案内も入ってるのね~。)

本のいいところは何度も読み返すことが気軽にできることでもあるけど、本の匂いもまたデジタルにはないものでもあるなぁ。
やはり手に持って開いて読むというのは・・贅沢だとも思う。
え?本をよく読むのかって?
大きな声で言えないが・・、ほぼ読書なんてたしなむ暇がないほどのドラマっ子でもある。(ドラマはなんでも教えてくれるからね。)

で、とにかく本っていいなぁって思うわけだけど、大概買ってもサインをしてもらったとしても(ぁ~~)、積読始末だったりする私でもある。ゆりさんは別です(^^♪。

ドラマ「anone」ではないけど、彦星君ではないけど・・ダレかさんの体験や思うことをそっと届けられて、知ることが出来るのってやはり、いいと思うんだよね。
そして郵便で届くというのがまた違う味わいがあると思う。

本屋さんで買うのと届くのニュアンスの違い

本屋さんで買うのもいいけど・・

郵便でポストに届くっていうスタイルがなんだか、便せんいっぱいのレターが舞い降りたような気分になれていいとも思った。
楽天ブックスは確か、ゆうパックだと思ったけど、送料無料でポスト投稿ってことでも手間のかかる印鑑もいらなくて、メールで届く日がわかったら、お昼過ぎ頃にポストを覗けば、届けられているではないかぁ~ってなるんだなぁ♪
(至福の瞬間である)
この郵便局のサービスは知らなかったけど、印鑑もいらないし送料無料で土日も届くことでも、なんとも便利なサービスだよ。今回早かったけど、ほぼすぐ届くイメージがあります。

で、内容についての感想も後で書くわけだけど、一気に読んで書きたいところでもあるんだけど、やはり、芸能人のブログってない方が後々、本にするときもあるだろうから、、書かない方が賢明でしょうね。(笑)

というわけで『Lily~日々のカケラ~』(文藝春秋:2018年1月30日に発売~定価:1,800円+税)が届いたという話と、ネットで届くのも送料無料(楽天ブックス)で気軽でよいではないか♪というお話でした。

もちろん石田ゆり子さんのファンであるけど、さかのぼれば・・ドラマ「カエルの王女さま」あたりからのファンって話はまた後で・・・。(笑)

あ、そうそう1800円が高いと思ってしまったけど、物は考えようという話をちょっと付け加えちゃうけど・・つまり菓子パンをよく買ってしまう私なことでも、一か月に半分我慢して食べないことにすれば、(ダイエット効果も)800円ぐらいはすぐ浮いてしまうし、20%引きとかスーパーで買うと、月1000円なんてチョロイもんなんですよねってこと。

物事は考えようで違ってくるから不思議。(笑)
「生きる」ことと「暮らす」ことの違いも「anone 5話」でわかりました。*1

springstar.hatenadiary.jp
なんだか宣伝してるかんじになったところで(汗)読んだ感想も書くぞっと♪

こういう考え方を実行できるのかって?本がとても欲しい本(物でも)であったらできちゃうもの。(笑)

*1:暮らしのヒント

TOP